レストランの紹介サイトです。
東龍が食べたレストランを図鑑化していきます。
コンセプトはすみれ草201と同じです。
「食べて書いて図鑑化」して「使える楽しいデータベース」を目指しています。

トウェンティエイト
(TWENTY EIGHT)
【シックスハンズ・ディナー】

トウェンティエイト
昼間はふんだんに光が差し込み浜離宮の緑が鮮やかに映える景色を楽しみながら、夜は輝くレインボーブリッジや漆黒の中に浮かぶ都会の景色の光を眺めながら、ビジネスシーンにも大切な人とのくつろぎの時間にも利用できる。
東京都港区東新橋1-9-1 コンラッド東京 28F
0363888745

KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO
(キッコーマン ライブキッチン 東京)
【福島県】

キッコーマンライブキッチントウキョウ
東京・有楽町に、キッコーマンがプロデュースしてオープン。国内外で活躍するシェフ・料理人が開発した、“融合”をテーマにしたコース料理を、実演やトークと一緒に楽しむことができるライブキッチン(レストラン)。キッコーマングループの経営理念のひとつである“食文化の国際交流”を体感できるレストランを目指している。
料理は、“融合”をテーマにしたコース料理を月替わりで提供。毎月、異なるジャンルのシェフ・料理人2~3人がタッグを組み、新たな料理の開発に挑戦。和食を軸に、フレンチ、イタリアン、中国料理などを組み合わせた料理で、“食文化の国際交流”を体感できる。監修シェフ自身が実演するSpecial Dayも開催。
東京都千代田区有楽町2-2-3 ヒューリックスクエア東京 B1
0368660400

ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【村上信夫の“人生はフルコース”】

ラブラスリー
アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
0335041111

AZUR et MASA UEKI
【2019年2月】

アズール エ マサ ウエキ
カリフォルニア ナパバレー クームズヴィル。フランスの天才ワインメーカーJulien Fayard がナパの地に魅了され、2012年 わずか5HaからスタートしたAzur winesは、瞬く間に全米中にその名を轟かせる事となった。
AZUR et Masa Ueki は、Azur wines初のワイナリーレストランとして
フレンチの鬼才と呼ばれた植木将仁を招聘し、東京・西麻布に誕生した。
東京都港区西麻布2-24-7 西麻布MAビル 1F
0368051147

鳥みつ

トリミツ
新宿歌舞伎町の路地裏にある、夫婦が営む焼き鳥店。希少部位とボリューム感がウリ。
東京都新宿区歌舞伎町1-12-4
0332091083

グリロジー バー&グリル
(Grillogy Bar & Grill)
【ハーレーダビッドソン×グリロジー】

グリロジーバーアンドグリル
店名はグリルと学問を合わせた造語で、込められている思いは探究心。
シンプルだからこそ奥深いグリル料理。肉や魚介を炎の力で焼き上げるグリル。最適な焼き加減と繊細な香辛料の駆使によって、このシンプルな料理にこそ、無限の味わいを引き出すことができる可能性を秘めている。オープンキッチンにいるシェフの躍動感を感じられる。各種カクテルを揃えるバーも併設。
東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場 2F
0355005500