「ホテル」タグアーカイブ

ホテルの中にあるレストラン、もしくは、ホテルが直営しているレストラン

広東料理 龍天門
(まるごと北京ダックフェア)

カントンリョウリリュウテンモン
龍天門の象徴である個性的な門と中央ホールの天井に広がる龍のモチーフはそのままに、龍天門の本質は大切にしながらも、中国建築を現代的にし、金色と紫色を使った漆塗り仕上げの洗練された豪華なインテリアへと生まれ変わった龍天門。カーペットのダイナミックな雲のモチーフなど、“龍の宮殿”をイメージした荘厳なダイニングホールや、中庭をイメージしたホワイエと、古代中国文化の王宮を思わせる高級感漂う空間でゆったりと食事を楽しめる。
東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 2F
0354237777

オールデイダイニング ORIGAMI
【2020年3月】

オールデイダイニングオリガミ
時間帯を気にせず、終日利用できるオールデイダイニング「ORIGAMI」。朝食では厳選された食材を使用したブッフェスタイルやフレンチテイストのセットメニューを用意。ブイヤベース、ローストビーフなど、ソムリエおすすめのワインとともに楽しめる本格ディナーはもちろん、旧キャピトル東急ホテル時代から続く名物メニューなど、バラエティー豊かなアラカルトも食べられる。柔らかな自然光と水庭に面した店内には、開放感のある個室もある。
東京都千代田区永田町2-10-3 ザ・キャピトルホテル 東急 3F
0335030872

ピエール・ガニェール
(PIERRE GAGNAIRE)
【キャビア特別コース - MENU CAVIAR】

ピエールガニェール
ピエール・ガニェール氏がプロデュースする現代風フランス料理。
同氏のレストランの中でも最も天空に近い高層レストラン。
東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 36F
0335051185

天麩羅 しゅん

テンプラシュン
山海の幸を一品一品、目の前で揚げて提供。その日その瞬間の、最上の「旬」を味わえる。本館7階、モダンな庭園風景が広がるハイグレードな和食名店フロアに位置。天麩羅<しゅん>の名にふさわしく、全国各地の選りすぐりの海の幸・山の幸を、鮮度と油にこだわり、最高に美味しいタイミングで衣に閉じ込めて提供。天麩羅職人の繊細な技術が織りなす、絶妙な食感と旬の味覚を楽しめる。
東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル 7F
0333440111

オールドインペリアルバー

「ライト館」の面影を唯一いまに伝えるクラシカルなメインバー。
建築史上不滅の名声を残したフランク・ロイド・ライトの設計による帝国ホテル旧本館は、多くの人々から親しまれ愛されただけでなく、世界の建築芸術史上に傑作として名を残した。そこには、国際的な視野で再発見された日本文化とともに大胆なまでの創造性が息づいていたといえる。
「オールドインペリアルバー」は、この「ライト館」の面影を現在に伝える東京では唯一の場となっている。たとえば店内左奥の大谷石や、壁のテラコッタは、当時のまま。壮麗にして優美と語られた良き20年代の全貌を偲ばせる。
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 中 2F
0335041111

鉄板焼 銀杏

テッパンヤキイチョウ
最上階30階から見渡す東京ベイの眺望が全面開口の大きな窓一面に広がる絶景レストラン。2018年2月13日からリニューアル工事のため一旦休業。
高級感を感じるネオクラッシックスタイルな空間で、神戸牛や厳選した良質な黒毛和牛をはじめ、活伊勢海老、活鮑などの新鮮な魚介類などの素材を匠の技で華麗な一皿に仕上げる。素材がストレートに伝わる鉄板焼の原点に立ち返り、畜産家や農家、醸造家など、すべてのつくり手の想いをより繊細なサービスと、こだわりの光るワインや日本酒と共に届ける。
東京都港区台場2-6-1 グランドニッコー東京 台場 30F
0355006711