「フランス料理」カテゴリーアーカイブ

フレンチ。高級レストラン、ガストロノミー。高級なフランス郷土料理も。

ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【帝国ホテル東京料理長 杉本雄就任 特別メニュー】

ラブラスリー
アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
0335041111

パノラミックレストラン ル・ノルマンディ
(Le Normandie)

パノラミックレストランルノルマンディ
伝統ある本格フランス料理を、 ホテルニューグランドならではの新しいアレンジで楽しめる。 ヨーロッパを代表するフランス人デザイナー、P・イヴ・ローションによる、 劇空間を演出した1930年代インテリアは、窓の向こうに広がる眺望とともに楽しめる。
045681184
神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド 5F

CRAFTALE

クラフタル
CRAFTALEクラフタルとは「CRAFT」手技、「TALE」物語、二つを重ねた言葉で生産者のたくさんの愛情と情熱を私たちの手で紡ぎ、伝えるレストラン。「​そして私たちと皆さんでレストランという物語を作り上げたい」という思いが込められている。
東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
0362775813

L’EAU

ロー
"L'EAU"(ロー)とはフランス語で水を意味する言葉。
日本の素晴らしい食材を育ててくれる生産者の方々、料理を召し上がってくださるお客様。皆様方と「人と水」の様に寄り添いセビアン(いいね)と感じて頂きたい清水崇充の想いを込めて。
厳選された食材を用いた旬の料理や、細やかなサービスで心地よい空間をお届けします。
東京から新たに発信するL'EAUからの想いを皆さまに感じていただけますように。

銀座エスコフィエ

ギンザエスコフィエ
創業1950年、フランス料理の皇帝と称されたオーギュスト・エスコフィエの調理法を忠実に守り、永きに渡りお客様に愛されてきた老舗。ワインにも強いいこだわりを持ち、フランス各ワインの騎士団幹部から「立派にフランスワイン文化の架け橋役を果たしている数少ないお店」とワインの状態を賞賛された。
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル 2F
0335711882

ラシャッス
(LA CHASSE)

ラシャッス
「LA CHASSE」とはフランス語で「狩猟」を意味する。狩猟のシーズンになるとシェフ自らが猟野に出かけ仕留めてきたジビエを提供するレストラン。仕留めるところから、処理、熟成まですべてにこだわり、それぞれに物語のある一皿に仕上げている。
東京都港区六本木3-5-7
0335056144

フレンチごはん 西麻布GINA

フレンチゴハンニシアザブジーナ
お箸で食べるフレンチごはん。 旬の和食材や出汁を素材としてフレンチの技法で丁寧に料理している。しっかりとしたお食事もちょっと小腹が空いた深めの時間にも、いつでもおいしいお料理を仕度している。
店名は「紅の豚」のマダム・ジーナがもとになった。マダム・ジーナが経営しているホテル・アドリアーノは人々を癒やすので、そのようなレストランにしたいという想いが込められている。
東京都港区西麻布2-26-20 ドゥーエ西麻布2 B1
0334867222