ロオジエ
(L'Osier)

ロオジエ


1973年東京・銀座に誕生したフランス料理店。40周年を迎える2013年、装い新たに、未来への一歩を踏み出した。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区銀座7-5-5
東京都港区銀座7-5-5

【電話番号】

0335716050

【定休日】


【オープン日】

1973年オープン。 2013/10/25リニューアルオープン

【シェフ】

シェフはオリヴィエ・シェニョン氏。18歳で、ヨーロッパで才能のある若手を対象に行われる料理コンクールのフランス大会で優勝。
2005年「ピエール・ガニェール パリ本店」セクションシェフ、同年「ピエール・ガニェール・ア・東京」総料理長、2009年「ピエール・ガニェール」総料理長。

【営業時間】

12:00~14:00
18:00~21:00

【座席数】

30席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013冬

【コース】

■LES BELLES GOURMANDES

ミューズ-ブーシュ
新鮮な帆立貝のポワレ カルダモン香るオレンジのシュック セップ茸のロワイヤル 秋の味覚と共に
海藻バターでポッシェした金目鯛 酸味を加えたつぶ貝のシリアル 生雲丹のブイヨン
フランス産仔牛のロティ サラダ菜ときのこのブレゼ エシャロットとビーツのコンフィ オゼイユのピューレ
プレ デセール
ピスターシュとノワゼットのやわらかなクレーム ショコラのアクセント 香ばしいプラリネのアイスクリーム
フリヤンディーズのワゴン
カフェ

【値段】

14000

【サービス料】

12%


【店内】

エントランスを入るとウェイティングスペース。地下からの吹き抜け。
地下1階がダイニングスペース。ラウンド型になっており、通路は環状。
大きなイス、ソファ席。

【ドリンク】

シャンパーニュはダヴィッド・クヴルールなど。

【料理】

■アミューズ・ブーシュ

赤ピーマン、クリーム、
マカロン、リコッタチーズ
フォアグラ

■パン

パンは5種類で、黒オリーブ、そば粉、プティバケット、栗、カンパーニュ。
ブルゴーニュ産のバターが添えられる。
オリーブのパンはオリーブたっぷり。栗のパンはよい意味で栗を感じさせない。

■マロンのヴルーテ

マロンのヴルーテは非常に濃厚で、マロン片もたっぷり。
載せられたカルダモンのエスプーマが香り高い。

■新鮮な帆立貝のポワレ カルダモン香るオレンジのシュック セップ茸のロワイヤル 秋の味覚と共に

大きな帆立貝にはカルダモンのパウダー。セップ茸のクリームソースを付けて食べるとよい。
セップ茸のロワイヤルは風味が豊かで美味。
オレンジピール、栗片、洋梨ダイスが散らされている。


■海藻バターでポッシェした金目鯛 酸味を加えたつぶ貝のシリアル 生雲丹のブイヨン

金目鯛をバターソースで。レモン風味に仕上げてある。
青海苔、ツブ貝がアクセント。
上には帯状にしたオニオンのジュレ。
米粒、うに、アサリ、白ワインを使ったソース


■フランス産仔牛のロティ サラダ菜ときのこのブレゼ エシャロットとビーツのコンフィ オゼイユのピューレ

目の前でソースをかけてくれる。仔牛のジュが味わい深い。
仔牛はとても素直で、鶏肉や豚肉のように軽い。
苦味のあるハーブ「スカンポ」を使ったソースが添えられている。
付け合わせはキノコをサラダ菜で巻いたもの、ビーツとエシャロット。


■プレ デセール

プルーン、飴、パンドエピス、アイスクリーム、オレンジピールを使ったスイーツ。

小菓子として、シュークリーム、ラズベリータルト、チョコレートタルト、マカロン、メロンタルトも供される。


■ピスターシュとノワゼットのやわらかなクレーム ショコラのアクセント 香ばしいプラリネのアイスクリーム

ナッツのムースを半円の薄いチョコレートでサンド。
底はビスケット生地で、ムースにはピスタチオ片が塗されている。
ヘーゼルナッツのアイスクリームが添えられている。
ナッツの香りが最初から最後まで。


■カフェ

紅茶はダージリン。


■フリヤンディーズのワゴン。

ワゴンでサーブ。種類はとても豊富。

ヌガー、キャラメル4種(チョコレート、レモン、塩キャラメル、青りんご)、ギモーブ2種(チョコレート、フワンボワーズ)、オレンジピール、グレープ、ピーカンナッツのビスケット、パートドフリュイ3種(青リンゴ、フワンボワーズ、レモン)

【テーブルウェア】

サービスプレートはアビラント、プレートはベルナルド、ノリタケ。どれもロオジエのロゴ入りでオリジナル。
グラスは木村グラス。
カトラリはフランスで最高峰食器メーカーのピュイフォルカ、メインディッシュのナイフは軟鉄を使い、絵を長くした特注のフォルジ ドゥ ライヨール。

【サービス】

流れは割とスムーズだが、時折に時間を要する。
説明に不足はない。
スタッフによって、物腰の柔らかさがかなり違う。
気さくなスタッフもいるが、堅くて距離感があるスタッフがいるのは残念。

【コメント】

ドアマンがいて、ウェイティングスペースも広くて優雅。
サービススタッフが多くて、別世界の雰囲気。ただ、優雅さよりも慌ただしさを感じられる時もある。
プレゼンテーションは美しいが奇抜ではない。抽象的かと思ったら、味も説明を聞いて食べて納得できる。
一度は訪れておきたいグランメゾン。

【写真】