レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタン
(Rainbow Bridge View Dining & Champagne Bar MANHATTAN)
【SAISON】

レインボーブリッジビューダイニングアンドシャンパンバーマンハッタン


東京三大ビューの夜景を臨むロケーションに、新感覚なビューダイニング。「ニューヨークグリル・フレンチ」スタイルを提供。新しい夏の風物詩として「かっこいい」「おいしい」「楽しい」をコンセプトにしている。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 6F
東京都港区海岸1-16-2

【電話番号】

0354042222

【定休日】

不定休

【オープン日】

2014/04/30

【シェフ】

料理長は吉本憲司氏。
2001年 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ入社。洋食調理を担当。
2003年 ファインダイニング ラ・プロヴァンスにてフランス料理の基礎を学ぶ。
2008年 第4回エスコフィエ・フランス料理コンクール(※)にて国内最年少で優勝。※エスコフィエ料理コンクールは料理の技術や芸術性を競うコンクール
2009年 スイス・ジュネーブでエスコフィエ料理コンクール国際大会に出場。
2011年 南仏ニースのミシュラン一つ星レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」および南仏マントンのミシュラン二つ星レストラン「ミラズール」にて修業。
2012年 ラ・プロヴァンスおよび12月にニューオープンした鉄板焼「匠」を兼務。
2014年 レインボーブリッジビューダイニング&シャンパンバー マンハッタンの料理長に就任。

【営業時間】

ダイニング 17:30~22:00
シャンパンバー 17:30~22:30

【座席数】

80席(テラスエリア36席)

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016春

【コース】

■SAISON セゾン

おもてなし
カラフル・アート・テリーヌ
活鮑
鴨フォアグラ

熟成和牛

枝豆
小菓子



【サービス料】

10%


【店内】

テーブル間隔には余裕があり、大きなラウンドテーブル。どの席からもレインボーブリッジを一望できる。

【料理】

■パン

オリーブのパン

■おもてなし

アーモンドをまぶしたグジェール。フィリングはクリームチーズで、トップにはコンテチーズ。手間暇かけたおもてなしのグジェール。

■カラフル・アート・テリーヌ

□東北の恵みを閉じ込めたマーブル模様のテリーヌ(石黒農場ホロホロ鶏・石巻せり根・仙台曲がり葱・秋田山ウド・椎茸・菜の花・牛蒡)
ホロホロ鶏のミキュイ。京人参で巻いて。粒マスタードのアクセント。クレソンのソースにソルベ。

■活鮑

□三陸産活アワビ 滑らかなラヴィオリ仕立て
パセリの泡にフキの泡。行者大蒜。ラヴィオリに包まれたアワビが美味。

■鴨フォアグラ

□鴨フォワグラとトリュフの香る鴨のコンソメ
コンソメスープが非常に濃厚。鴨フォアグラと相性は抜群。

■鰆

□鰆、万願寺唐辛子のデュクセル、大分県竹田のサフランの香り
旬のサワラにサフランの香りを乗せて。万願寺唐辛子のデュクセルが面白い。

■熟成和牛

□阿蘇のあか牛の熟成 プロファード仕立て
あか牛は安定の旨さ。松の実、ジュ ド ブッフのソース。

■苺

□苺のタルトレット ピスタチオの香り
仙台のイチゴ。ピスタチオのクリーム。

■枝豆

□枝豆のビスキュイ・コーラン ずんだ餅をイメージして
緑色が美しい。ホワイトチョコレート、胡麻ピューレ、オレンジのハチイミツ。

■小菓子

□レモン風味のカヌレ
さっぱりとした後味のカヌレ。

【テーブルウェア】

サービスプレートはアビラント。プレートはナルミ、森山硝子。カトラリはサンボネ、アーサークルップ。

【コメント】

吉本氏の新しい最上級のコース。高級食材を使って、最大限のおしゃれフレンチを味わえる。

【写真】