サンス・エ・サヴール
(Sense & Saveurs)
【ディナー】

サンスエサヴール


洗練されたパリのエスプリが凝縮されたモダンなフランス料理店。店名は仏語で「五感の追求」という意味。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 35F
東京都千代田区丸の内2-4-1

【電話番号】

0352202701

【定休日】

なし

【オープン日】

2002/09/06

【シェフ】

ミシュラン3つ星を最年少で獲得した南仏・モンペリエ「ル・ジャンルダン・デ・サンス」の双子オーナーシェフ、ジャック&ローラン・プルセル氏がプロデュース。
料理長は長谷川幸太郎氏。シェラトン・グランデ・トーキョーベイでパティシエを務めた後、フランス料理「ザ・サミット」で修業。26歳で渡仏し、3年半修業。プルセル兄弟にも師事。

【営業時間】

11:30~13:30
平土 17:30~21:00
日祝 17:30~20:30

【座席数】

80席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016冬

【コース】

■Sens & Saveurs 23000

~ シェフのインスピレーション ~ その日の最高の食材を使ったお任せコース
一口前菜
甲殻類
魚料理
フォワグラ
肉料理
プルミエ・デセール
グラン・デセール
コーヒー
ミニヤルディーズ

【サービス料】

ランチ10%、ディナー13%


【店内】

テーブル間隔は広い。天井はやや高め。窓からは、東京湾、レインボーブリッジ、東京タワーを一望できる。

【ドリンク】

■ドゥラモット 1999


【料理】

■一口前菜

紅芯大根で静岡県産のヒラメを包み込んでいる。蜂蜜レモン、白子の卵を合わせて。

■甲殻類

サツマイモのフランにはトリュフの香りを忍ばせている。オリーブと乳飲み仔豚をピンチョスに風に添えて。さらにはトリュフの香りがするクロックムッシュも。

■フォワグラ

厚切りのフォアグラの上には、大きなゴボウのフリット。ゴボウのヴルーテと合わせて。ミルクの甘い泡、ミカンのピール、ラングスティーヌも。

■魚料理

八丈島のキンメダイにユズ、ショウガ、キャビアを載せて。美しい緑の小松菜のスープ。

■肉料理

A5の飛騨牛を藁で燻製にし、深みを加えている。トリュフ、タケノコ、ポレンタ、カルダモン、ジュのソース。

■チーズ

チーズワゴンに載せられている10種のチーズの中から好きなだけ。

■プルミエ・デセール

イチゴのデザート。

■グラン・デセール

スフレと、それと相性のよいアイスクリーム。

■コーヒー


■ミニヤルディーズ








【テーブルウェア】

カトラリはクリストフル、プレートはベルナルド、グラスはリーデル。
肉料理のナイフはラギヨール アン オブラック。カップとソーサーはニッコー。

【サービス】

コースの流れはちょうどよく、説明も丁寧で感じがよい。

【コメント】

王道のフランス料理。見た目が美しく、野菜も多い。フォアグラ、魚、肉ともに、それぞれの皿で主役がはっきりと物語っている。

【写真】