メゾン ポール・ボキューズ
(Maison Paul Bocuse)

メゾンポールボキューズ


日本におけるポール・ボキューズ総本店本店から受け継がれるフランス料理の正統派。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム B1
東京都渋谷区猿楽町17-16

【電話番号】

0354586324

【定休日】


【オープン日】

2007/06/19

【シェフ】

中谷一則氏。
「メゾン・ド・オペラ」副料理長、「レストランひらまつ 博多」副料理長、「レストランひらまつ」副料理長、「レストランひらまつ 博多」料理長を経て、2007年「メゾン ポール・ボキューズ」をはじめとする、日本におけるポール・ボキューズブランドの総料理長に就任。

【営業時間】

12:00~15:30
18:00~23:00

【座席数】

103席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■MENU SPECIALE

アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー

【値段】

5500

【サービス料】

10%


【店内】

ソフトバンクは圏外。

【料理】

■アミューズ ブッシュ

□カリフラワーのムース
ウニ、タラバガニを載せて。底はアメリケーヌソース、コンソメのジュレ。
コンソメのジュレは塩配が強く、ムースやトップとバランスを取っている。


■前菜

□フォアグラと生ハムのミルフィーユ仕立て プラムのコンポート ポルト酒のエッセンスと共に

フォアグラと生ハム、パイが層になったミルフィーユ。
生ハムがサンドされているので、塩のコントラスト。パイがあるので食感のコントラスト。


■魚料理

□キャベツで巻いたスズキのムースリーヌ サフランソース 季節野菜のエチュベを添えて
スズキのムースリーヌはとても穏やか。キャベツはそれほど甘味がない。
サフランソースはマスタードが効いていて出色。
トランペッタ茸、ネギ、カブも柔らかく、味が濃い。


■肉料理

□牛頬肉のブリック包み焼き 色々なキノコのフリカッセ スパイシーな赤ワインソース

春巻のように美しく巻かれている。
牛頬肉は香りが豊かで柔らかい。
付け合わせは巨峰、シャンピニオン、ジロール、セップ。


■デザート

□洋梨のムース ヘーゼルナッツ風味の軽いビスキュイ コーヒー風味のアイスクリーム添え
コーヒーアイスクリームの下はバニラアイスクリーム。
上には洋梨をイメージしたチュイール。
洋梨ムースは洋梨ダイス入りで爽やか。
ビスキュイはほんのりとヘーゼルナッツ風味で、周りにもパラリとヘーゼルナッツ片。


■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アッサム。


■ミニャルディーズ

チョコレートのダコワーズ。フワンボワーズのマカロン。レモンのマドレーヌ

【テーブルウェア】

サービスプレート、プレートはベルナルド。
カトラリはラッキーウッド。
グラスはリーデル。

【サービス】

やや混雑していたので、流れに緩急。
説明はスタッフによって深度が異なる。
応対は全体的にスマート。

【コメント】

プレゼンテーションは美しいが、そう奇抜ではない。
料理に分かりにくさはなく、野菜も旨い。

【写真】