ファインダイニング ラ プロヴァンス
(La Provence)
【食べ比べ】

ファインダイニングラプロヴァンス


「ヘルシー」「ビューティ」「フレッシュ」をもとに「あざやかさ」「自然の恵み」「おいしい」を感じられるレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 1F
東京都港区海岸1-16-2

【電話番号】

0354042222

【定休日】

なし

【シェフ】

料理長は今関一久氏。
1999年に渡仏し、「ル・マノワール デュ プレシ」「ルドワイヤン」「ル・ペルゴレーズ」「ルレ・ルイ トレーズ」「レ・ベアティーユ」「アンフィクレス」で修業。
2004年帰国、「ル・パピヨン ド パリ」料理長、「アークヒルズクラブ コンチネンタルキッチン」副料理長。
2014年に料理長就任。

【営業時間】

11:00~14:30
17:30~21:00

【座席数】

60席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2015春

【コース】

■魚料理、肉料理の食べ比べコース

前菜
魚料理
肉料理
アヴァンデセール
デセール
コーヒー、紅茶

【サービス料】

10%


【店内】

テーブル間隔は広く、エレガント。

【ドリンク】

■グラスシャンパーニュ

エドシック・モノポール - ブルー・トップ・ブリュット

■グラス白ワイン

コント・ラフォン サンセール 2012

■グラス赤ワイン

シャトー・ジョアナン・ベコ 2008

【料理】

■パン

プティバケット、黒胡麻パン。

■前菜

□パレット・アート・オードブル 7つの味覚×健康
5月15日より提供開始した、新しいパレット・アート・オードブル。7つの味覚と同時にソルガムきびなど健康も意識したシグネーチャーディッシュ
ソースは2種類。白味噌とターメリックとヨーグルトのソース、ソルガムきびを使ったソース。塩は3種類。炭塩、ヒマラヤのピンクソルト。
沖縄県産栗カボチャはモンブラン仕立てにしてカボチャの種を散らして。4種類の豆のチリびーんずは白インゲン豆、赤インゲン豆、インゲン豆、ヒヨコ豆。
長芋はソルガムきび、オリーブオイル、塩で。
肉厚の黒マイタケはバルサミコ酢でマリネして、ローズマリーで味付け。
カリフラワーは素揚げして、イタリアのカンパリと合わせて、ややえぐみを。カレーパウダーでアクセント。アシタバは苦味があるのでキャベツ、山梨県信玄鶏、マイクロトマトと合わせ、マヨネーズで味付け。
愛媛県産シマアジ、軽く表面を灸り、海藻を添えて。

■魚料理

□イサキのポアレとタスマニアサーモンのココナッツオイルコンフィ
話題のココナッツオイルも使用した、2種類の魚料理を一度に食べられる1品)
タスマニアサーモンはココナッツオイルでコンフィして、フレッシュな味わいと焼いた香りの両方を楽しめる。長崎県産イサキは鮮度がよくて旨味もしっかり。
ピューレはトマト、金美人参の2種類。
サヤエンドウ、アスパラソバージュ、カモナスのソテー。北海道産インカのめざめ、ほうれん草のピューレも。

■肉料理

□和牛フィレ肉、牛タン、フォアグラの食べ比べ
食べ比べが進化した3スタイルメインディッシュ)
牛タンは赤ワイン煮込み。フィレ肉は北海道和牛。フォアグラはフランス ランド産をソテーして。
それぞれ別々に食べるのもよいが、フィレとフォアグラでロッシーニにしてもよいし、牛タンとフィレを合わせてもよい。コンディメントも多いので、様々な食べ方を楽しめる。
ズッキーニの茎と花をフリット、インカのめざめのサラダ。パプリカ、スイスチャード、
マスタード、スモーク塩、赤ワインソース。

■アヴァンデセール

□レインボークリスタルジュレ
フラワーブーケをイメージ。
ブドウのジュレ、クランベリー、ザクロ酢、ブルーキュラソー、リンゴ、ローズ、紅茶、ライム、リンゴほんちょ、シャインマスカット

■デザート

□白桃とオリーブオイルのアイスクリーム、
アールグレイムース、チョコレートシリアルバー、ミルフィーユ仕立てに。
ベリーソース、アングレーズソース。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ。

【テーブルウェア】

グラスは東洋佐々木ガラスのファインクリスタルやツヴィーゼル。
カトラリはクリストフル。
サービスプレートはアビラント、プレートはカネスズやノリタケ。

【コメント】

単なるデクリネゾンとは一味も二味も違う。魚が2種で、肉が3種。それぞれコンディメントも豊富。人によって自由に楽しめる、新しい形のフレンチを提案している。

【写真】