鳴神

ナルカミ


日本におけるフレンチジャポネーゼ。人と人との空気を読み取る「お見立て」をテーマに和とフレンチの遊びから生まれるフレンチジャポネーゼ。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区南青山3-4-6
東京都港区南青山3-4-6

【電話番号】

0364474866

【定休日】

不定休

【オープン日】

2014/07/10、2003/08銀座にオープン

【シェフ】

オーナーシェフは鳴神正量氏。イタリアンレストラン『さくらぐみ』、フランス料理『しらとり』、 六本木『エスペランス』を経て1997年渡仏。ホテルレストラン『プレオレ』(1つ星 ビルヌーヴ・レザビニョン)、『メゾン・ド・トロワグロ』(3つ星 ロアンヌ)の シェフ・ド・ポワソンに就任。

【営業時間】

12:00~13:00
18:00~22:00

【座席数】

10席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015春

【コース】

■おまかせ 10000

旬の食材をふんだんに使ったスペシャルコース

【値段】

11880

【サービス料】

10%


【店内】

店内はとんがった三角形という、不利な箱。奥に伸びるL字カウンターで、カウンターの奥行きは深い。後ろの壁は下から半分までの高さがガラス張り。手技の数々を見ることができる。

【ドリンク】

■富士ミネラルウォーター 1000


【料理】

■アスパラガスのヴルーテ

濃厚で塩味が効いている。太いアスパラガス、なめらかなイカ、キャビアをたっぷりと載せて。最初はフレンチのテイストが効いた一品から。

■イサキとエシャロット

イサキの凛とした気品に、白胡麻とエシャロットのソースで、格を与えている。芽キャベツ、インゲン、ニンジンを底に敷いて。

■沖縄の金目鯛

沖縄のヤングコーンにコーンとヒゲ、コーンのジュレ。甘いコーンに金目鯛が思ったよりも合う。初夏に涼しいのもよい。

■コノワタのフラン

コノワタの苦味が、包容力ある卵に包まれている。ワインよりも日本酒に合いそうな一品。レイノーのカップで供されているのも洒落ている。

■九州の紫アスパラガス サヴァイヨンソース

紫アスパラガスは火を通し過ぎず、美しいままに。サヴァイヨンソースはお酒が効いている。

■蛤

立派な蛤を酸味のメリハリを付けたクリームソースで。

■ノドグロ

ハーブ風味の塩味の効いたソース。何よりもノドグロが旨い。

■タチウオ

炭火で焼いて香り付け。味噌とバルサミコのソースを下に敷いている。癖になる焼き物。

■パンデピスとフォアグラ

甘くて風味豊かなパンデピスで、口当たりのよいフォアグラをサンドしている。食味はよいが、スナック感覚になっているところが面白い。

■熊本県 和王

おしりの肉で柔らかい。黒毛和牛だが、赤身が中心で、噛めば噛むほどに旨味が感じられる。

■コーンご飯

おこげもしっかり。コーンの食感と甘味が心地よい。

■マスカルポーネと豆乳のプリン メロンソース

最初にほんのりとチーズっぽさを、最後にほんのりと豆乳っぽさを感じる。メロンソースも爽やか。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

グラスは水のグラスも含めてリーデル。カップはレイノー。

【サービス】

シェフとサービススタッフの2人だけであり、コースの流れは遅い時もあるが、上手に回している。コーンご飯をお土産に。

【コメント】

和とも仏とも、日本料理ともフランス料理とも分類が難しい。それだけに、驚きがあり、目でも舌でも香りでも楽しめる。一般の方はもちろん、日本料理やフランス料理のうちどちらか一方が詳しい方が訪れると驚きが深い。

【写真】