フランス料理 ル・トリアノン
(Le Trianon)

フランスリョウリルトリアノン


京野菜マイスターのシェフ 高垣吉正による、京野菜×フレンチの雅なコラボレーション。
緑豊かな庭園を眺めながら、旬の食材を生かしたかろやかな味わいを楽しめる。
2011年12月19日「旬の京野菜提供店」に認定。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区高輪 3-13-1 グランドプリンスホテル高輪 1F
東京都港区高輪

【電話番号】

0334471111

【定休日】


【シェフ】

シェフは高垣吉正氏。東京都のフランス料理人で唯一「京野菜マイスター」を持つ。

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~21:30

【座席数】

72席。個室2室。

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■マダム プレザン パルレ

オードブル、
スープ
魚料理
肉料理
シャーベット
デザート

【値段】

5000

【サービス料】

10%


【料理】

■アミューズブッシュ


□鱈のブランダード

カップにたっぷりと。カナッペにして食べてもよいし、そのままでも。


■前菜


□鮪と鰤 京野菜のサラダ仕立て キャビア添え 小豆島産新オリーブのタプナードソース

ダイスカットされたマグロとブリが美しく長方形を作る。
奇跡のリンゴで作った「林檎酢」、小豆島黒オリーブを使ったタプナード、バルサミコ酢と合わせて。
アンディーブ、ディル、ダイコン、チャービルが添えられている。


■スープ


□京都・宇野ファームさんの聖護院かぶのスープ ずわい蟹と共に

カブのスープはつなぎを使っていない。
とてもクリーミーで穏やか。とても甘い。
湯葉で巻いたカニが浮かべられている。


■魚料理


□シェフが選んだお魚のブイヤベース仕立て柚子の香り 冬野菜添え

魚は旬のあんこう。ブイヤベースに柚子が香るのが心憎い。
ブイヤベースは野菜の風味も感じられ、もっと飲みたいくらい。
「万願寺甘唐」がおいしい。



■シャーベット


□りんごののグラニテ

メイン前の口直し。
「林檎酢」で作ったグラニテは自然の風合いがたっぷり。


■肉料理


□フランス・ブルターニュ産仔牛のヴィエノワーズ 宇野ファーム(京都)さんのさつま芋添え マデラ酒風味のソース

仔牛肉はカツレツのようだが、品のよさが全く違う。
パン粉だけではなくアーモンドパウダーも加えているので香り高い。
マデラ酒ソースの気品に仔牛肉が負けていない。



■デザート


□京丹後・棄原さんの黒にんにく入りアーモンドタルトとヨーグルトのアイスと共に

黒ニンニクはニンニク独特の匂いがなく、プルーンのよう。
しっかりのアーモンドタルトに対して、ヨーグルトアイスがよいコントラスト。


■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフル、プレートはノリタケとナルミ、ニッコー。

【サービス】

ホテルらしい落ち着いた物腰。
流れは迅速。

【コメント】

もともとコンテンポラリー寄りで目新しい印象はある。加えて、高垣シェフお得意の京野菜を効果的に取り入れているので、さらに新しさが感じられる。
もちろん、ヘルシーで野菜たっぷり。
他とは違う、日本料理とフランス料理の融合を感じられるのがよい。

【写真】