レ セゾン
(Les Saisons)

レセゾン


素材を厳選し、伝統を踏まえながらも新たな感性を取り入れて作り上げる料理は驚きと発見の連続。
心地良い空間と最上の料理とが生み出す贅沢なひとときを楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 中 2F
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【オープン日】

2005/04/16

【シェフ】

シェフは2005年からティエリー・ヴォワザン氏。フランス・シャンパーニュ地方を代表するレストラン「レ クレイエール」でシェフを務めた。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

94席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■4 Plate Lunch Course

前菜
魚料理 (ハーフポーション)
特撰和牛のソテー (イチボ肉)
チーズまたはデザート

前菜、魚料理、チーズまたはデザートは、以下よりお好きなものをお選びください。

【値段】

10500

【サービス料】

10%


【店内】

「クラシカルモダン」をテーマにデザイン。メインダイニングとしての重厚感と、洗練された現代的な雰囲気が調和する空間。
テーブル間隔は広い。シックで落ち着いている。
豪華さも過剰ではなく、品がよい。

【ドリンク】

ペリエ 650円

【料理】

■パン

胡麻、天然酵母
焼いたカンパーニュは前菜。
川海苔のパンは魚料理に。


■アミューズブッシュ

□フォアグラと桃のテリーヌ
スプーンに載せられているので、一口で。

□カリフラワームース
白ワイン風味で、中には赤座海老。


■前菜

薩摩芋で飾られたブーダン ノワールと酸味をきかせた林檎
茄子と毛蟹に赤ピーマンのソルベを添えて 蟹味噌のシャンティイ

□薩摩芋で飾られたブーダン ノワールと酸味をきかせた林檎
ブーダンノワールにはフォアグラが混ぜられている。
美しい球形。味わいは思ったよりもマイルド。
中にはリンゴ片が加えられており、フレッシュ感がある。
安納芋のペーストとパテで、彩られている。どちらとも安納芋の甘味がよく現れている。


■魚料理

帆立貝のドレ 栗 アンディーヴ ライム
強火で焼いた黒鯛 海藻バターをからませたジャガ芋のエクラゼとニンニクコンフィを添えて 雲丹と貝のジュ

□強火で焼いた黒鯛 海藻バターをからませたジャガ芋のエクラゼとニンニクコンフィを添えて 雲丹と貝のジュ
黒鯛は皮がパリっとしていて、身がふっくら。
底にはウニとインカのめざめ。
ソースはウニ、ハマグリとアワビを使った魚介風味。
川海苔のパンとよく合う。


■肉料理

□特撰和牛のソテー (イチボ肉)
全体にサシが入っていて、旨い。
ニンジンのソースと粒マズタードソース。
付け合わせは、ニンジンのグラッセはタマネギソテーで、どちらとも甘い。


■チーズ、デザート

チーズ盛り合わせ
タルト タタン バニラのグラスを添えて
柿のプティ ヴァシュランをクリーミーに 柚子と生姜
ソルベとグラスの盛り合わせ

□タルト タタン バニラのグラスを添えて
リンゴがたっぷり。カラメリゼは非常にしっかり。
バニラアイスクリームを載せると、甘味と苦味がよいコントラスト。


■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ、ウバ。


■ミニャルディーズ

ヌガー、チョコレートのタルトレット、フィナンシェ、レアチーズケーキ
ショコラ、ノアゼットショコラ、オランジェショコラ

【テーブルウェア】

サービスプレートとメインディッシュプレートはアビラント。
他のプレートはノリタケなど。
カトラリはクリストフル。
肉料理のナイフは、ミツバチマークが付いたラギヨール。ブランドは不明。

【サービス】

サービスはとても丁寧。
それほど混雑していないこともあって、コースの流れも早い。

【コメント】

とにかく品がよくて落ち着いている。
デートはもちろんだが、ビジネス接待が最も向いているかも知れない。

【写真】