ボタニカ
(Botanica)

ボタニカ


会の真ん中で自然を感じながら、四季折々のイタリア料理で極上のくつろぎを味わえる。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン 4F ガレリア内 ガーデンテラス
東京都港区赤坂9-7-4

【電話番号】

0354133282

【定休日】

平 11:00~14:00、17:30~21:00
土日祝 11:00~14:30、17:30~20:30

【オープン日】

2007/03/31

【座席数】

70席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015春

【コース】

■Menu B 5300

前菜、パスタ、メインディッシュ、デザート、コーヒー又は紅茶

【値段】

6296

【サービス料】

10%


【店内】

ウェイティングスペースもあって、ダイニングまでアプローチがある。エーブル間隔は普通で、テラス席も設けられている。

【料理】

■アミューズ・ブーシュ

□ベーコンとマッシュルームのフリカッセ 軽い西洋牛蒡のポタージュ 玉葱の小さなキッシュと共に
ポタージュは温かく、西洋ゴボウはフリットしてカリカリに。フリッタータはブロッコリーなど野菜たっぷり。

■パン

バゲットとホイップバター。

■前菜

色々な貝と季節野菜のマリネ メロンのビネグレット
パルマ産生ハムとミックスハーブのサラダ 自家製シーザードレッシングで
フランス産フォアグラのポアレ ブランケット仕立て ポーチドエッグと季節野菜 +1000

□パルマ産生ハムとミックスハーブのサラダ 自家製シーザードレッシングで
大きなパルマ産生ハムが載せられており、最初のインパクト。その下にはたっぷりのスプラウトがあり、底にはシーザードレッシング。

■パスタ

海の幸のスパゲティペスカトーレ 軽やかなパルメザンチーズのムースと供に
柔らかく煮込んだトリッパのタリオリーニ アラビアータ風 カリカリなパン粉を振り掛けて
南イタリア産カラスミのスパゲッティ +1000

□柔らかく煮込んだトリッパのタリオリーニ アラビアータ風 カリカリなパン粉を振り掛けて
軽めのアラビアータ。タリオリーニは気持ち細い。セロリのフリットが華やかで、トリッパがよい脂を出している。

■メインディッシュ

ハーブでマリネした鮮魚のロースト サフランの衣を纏ったムール貝とじゃが芋のエクラゼ ベーコンの香りのアクセント
ハンガリー産鴨胸肉のロースト 腿肉で作ったソーセージとレンズ豆の煮込み カスレのイメージ
黒毛和種 讃岐オリーブ牛特選ロース肉のロースト 黒トリュフとのマリアージュ +2000

□ハンガリー産鴨胸肉のロースト 腿肉で作ったソーセージとレンズ豆の煮込み カスレのイメージ
鴨肉はもう少し鴨特有の臭みがあってもよいが、白インゲンのソースとはよく合う。ソーセージとレンズ豆でカスレという解釈だが、カスレにしてはいささかエレガント過ぎる。

■デザート

本日のドルチェ
季節の柑橘(日向夏、甘夏、デコポン)のタルト仕立て ライム香るフロマージュブランのアイスクリーム 爽やかなミントの泡を添えて
デザート7種類の盛合せ +1200

□季節の柑橘(日向夏、甘夏、デコポン)のタルト仕立て ライム香るフロマージュブランのアイスクリーム 爽やかなミントの泡を添えて
タルトを現代風に分解して解釈して。ミントの泡が思いのほかよいアクセント。フロマージュブランのアイスクリームやクランブルも出色。

■コーヒー、紅茶

紅茶はアッサムのCTC。

■ミニャルディーズ

マドレーヌと生チョコ。

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフルの オテルシリーズ、プレートはカネスズでロゴ入りオリジナル製品もある。

【サービス】

サービススタッフの数が少ない気はするものの、回っている。応対は丁寧で気配りもよい。

【コメント】

ひらまつ系統だけあってサービスは光っている。料理はコースにしてはややボリュームが足りない印象だが、雰囲気と合わせると及第点。

【写真】