ル・ブール・ノワゼット トウキョウ 銀座三越店
(Le Beurre Noisette Tokyo)
【2500円のプチごほうびランチ】

ルブールノワゼットトウキョウギンザミツコシ


パリ15区に現存するネオビストロ。奇をてらわず、シンプルで豊かな味わいの料理を和気あいあいと楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都中奥区銀座4-6-16 銀座三越 12F
東京都中奥区銀座4-6-16

【電話番号】

0362286913

【定休日】

なし

【オープン日】

2010/09/11

【シェフ】

本店のシェフはティエリー・ブランキ氏。銀座三越店シェフは梶原忠氏。

【営業時間】

11:00~15:00
17:00~22:00

【座席数】

50席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015冬

【値段】

2500

【サービス料】

テーブルチャージ500円(ディナーのみ)


【店内】

店内は思ったよりも広い。手前は余裕のある丸テーブルで、奥は個室風に使える長方形テーブル。

【料理】

■アミューズ

□自家製オリーブパン
オリーブを練り込んだパンに、オリーブオイルが添えられる。パンはしっとりとして、オリーブオイルがよく香る。

■パン

全粒粉パン、バゲット。

■オードブル

□ビーツとスモークサーモンのレムラード
白菜とサツマイモ、ズワイガニをクルセルで円柱状にして、キャビアを据えて。ショウガがよく効いている。

■メイン

□イベリコ豚の低温ロティ 茸のフリカッセ添え
イベリコ豚は中までじっくり火が通る。肉の旨味を逃がさず、厚みもあって、食べ応え満点。ジュニパーベリーを使ったソースをかけて。
底には、甘いキャベツのエチュベ。

■デザート

□ババ オ ラム 蜂蜜クリーム添え
大きなババに、好きなだけラム酒をかけられる。バニラクリームは品がよく、パイナップルシロップは甘い。

■カフェ

□コーヒー、紅茶、ハーブティー
紅茶はダージリン、アールグレイ。

■小菓子

□自家製マドレーヌとココ・ギモーブ
ギモーブはココナッツがたっぷりと塗されている。

【テーブルウェア】

プレートはビレロイ&ボッホ、カトラリはマーシャン、グラスは東洋佐々木ガラスのハードストロング。

【サービス】

ピーク時ということもあり、メインディッシュは時間がかかった。サービスはカジュアルで気取らない。

【コメント】

前菜、メイン、デザートでこの値段はコストパフォーマンスが高い。同店のスペシャリテを楽しめる満足コース。

【写真】