ラ キュイジーヌ ドゥ カズ
(La Cuisine de KAZU)

ラキュイジーヌドゥカズ


「本当に美味しい料理を召し上がっていただきたい」という気持ちで、毎日料理している。
素材に妥協しない、手抜きをしない、冷たい料理は冷たく、温かい料理は温かく、を心がけてメインディッシュのお皿はオーブンで熱くしている。料理のベースであるソースはもちろん、パン、デセールのケーキやアイスクリーム、シャーベットも全て手作り。

【公式サイト】


【住所】

千葉県千葉市美浜区打瀬2-10 パティオス15番街 1F
千葉県千葉市美浜区打瀬2-10

【電話番号】

0432968822

【定休日】

水、第2火

【オープン日】

1999年

【シェフ】

オーナーシェフは根本義和氏。
「東京ベイホテル東急」、フランス サートヴォア地方で1年間修業、「ホテルグランパシフィックメリディアン」を経る。

【営業時間】

11:30~14:00
18:00~21:00

【座席数】

30席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■Menu C

前菜から一品
シェフのおすすめの魚料理
メイン料理から一品
本日のデザート 自家製アイスクリーム添え
コーヒー、紅茶、アイスコーヒー、アイスティー

【値段】

2700

【サービス料】

10%(ディナーのみ)


【ドリンク】

■グラススパークリングワイン 650円

■ペリエライム 750ml 900円


シャンパーニュはボトルのみ。
グラススパークリングはイタリアのテヌータ カ ボラーニ。

【料理】

■前菜


鴨のフォアグラのポワレ 大根のコンフィ添え 秋トリュフのソース +1000円
北の海でじっくり育った 深い甘みの厚岸産生ガキ(3ケ) シェリーヴィネガーとエシャロットのソース +1000円
自家製ベーコン(千葉県産いもぶた)と甘みが出るまで炒めたタマネギのキッシュロレーヌ
ずわいがに入りお魚のテリーヌ サフラン 軽く燻製したホタテと海老添え
フランス仕込みの田舎風 お肉のテリーヌ いろいろな野菜のマリネとタマネギの赤ワイン煮添え
つくば茜鶏のレバームース レーズン風味 リーフサラダ添え とろりと濃厚なバルサミコソースとハーブソース

□鴨のフォアグラのポワレ 大根のコンフィ添え 秋トリュフのソース

フォアグラの上下に大根とを挟む。
フォアグラも大根も厚みがある。
大根はコンフィだが、フレッシュ感があってジューシー。
トリュフはソースもスライスもたっぷりで、香りしっかり。スライスはもう少し軽い火入れだといい。


□北の海でじっくり育った 深い甘みの厚岸産生ガキ(3ケ) シェリーヴィネガーとエシャロットのソース

生ガキは大きくてミルキー。ソースは酸味が軽めで、カキの味を壊していない。



■スープ


□本日のスープ

カボチャのポタージュ。トップにクリームでさらになめらか。



■魚料理


□真鯛のポワレとリゾット ジャガイモのソース

真鯛はポワレで皮がしっかりパリっとしている。
食味もよい。
底のリゾットはチーズたっぷり。



■肉料理


オーストリア産 牛フィレのステーキ ペッパーソース +650円
とろける黒毛和牛ほほ肉の赤ワイン煮 +600円
フランス産 鴨モモ肉のコンフィ(ハーブやガーリックでマリネし低温の脂でじっくと煮る様に揚げた料理) +350円
庄内三元豚のパネ(カツレツ) パルメザンチーズ風味 トマトフォンデュとバジルソース
黒毛和牛のステーキアッシェ(ハンバーグのような、刻んだ牛肉のステーキ) 粒マスタードソース
本日の魚料理

□とろける黒毛和牛ほほ肉の赤ワイン煮

赤ワインソースは深みがあって旨い。
ほほ肉はゼラチン質で柔らかく。


□フランス産 鴨モモ肉のコンフィ

モモ肉は骨付きで、それほど大きくはない。
カラっと揚げられていて、しつこくない。
身はボソッっとしておらず、味わいがある。



■デザート


アップルマンゴーのムースとショコラのアイスクリーム。
アップルマンゴーのムースは2層仕立て。
ショコラのアイスクリームはチョコレートチップ入り。



■コーヒー、紅茶


紅茶はアールグレイ。

【テーブルウェア】

プレートはヤマカやリチャード ジノリ、カトラリはラッキーウッド、カップとソーサーもリチャード ジノリ。

【サービス】

混雑時間を過ぎていたこともあり、客は少なめなので、流れはスムーズ。
サービスで、魚を間違えて説明していたのは残念。
ただ、応対の感じは悪くない。
ランチはサービス料もないので、問題ない。

【コメント】

値段は場所柄もあってリーズナブル。
フォアグラやトリュフなど高級素材が入ると上がってしまうが、それでもまだ安い方。
海浜幕張の街場でも、本格的なフレンチを食べられるのが嬉しい。

【写真】