ラ・トゥーエル
((La tourelle)

ラトゥーエル


神楽坂にある、隠れ家フレンチ。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区神楽坂6-8
東京都新宿区神楽坂6-8

【電話番号】

0332672120

【定休日】

月、第3火

【オープン日】

1992年

【シェフ】

総料理長はオーナーの清水忠明氏。フランス「ラ・トゥール・ダルジャン」で修業。
料理長は山本聖司氏。「銀座レカン」「ジョージアンクラブ」で修業し、2012年4月から料理長。

【営業時間】

11:30~14:30
18:00~22:30

【座席数】

20席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015冬

【コース】

■ムニュ・セゾニエ 5800

網焼きポワローのビネグレットマリネと蛤 青海苔のラビオリ仕立て トマトのサラダにパセリのソースを添えて
フォアグラを使った一皿
本日の魚料理
本日のお肉料理
本日のデセール
コーヒー 紅茶 エスプレッソ フレッシュハーブティー(+300)

【値段】

7370

【サービス料】

10%


【店内】

一軒家の2階が同店となっている。外から階段を上って、直接2階へ。店内は天井が高く、すっきりとして落ち着いた雰囲気。

【ドリンク】

■ペリエ 900


【料理】

■アミューズ・ブーシュ

3品を順番にいただく。
抹茶パウダーをまとったレモングラスのアイスクリームは立ち上がりから爽やか。
安納芋のブリニにマスの卵とサワークリームはアネットを載せて。温かさと冷たさが一体化している。
ホタテのチップスは香りが実に豊か。ポップな一品に仕上がっている。

■パン

焼きたてパンに、無塩バター。パンは酸味がなく、ほんのりと塩が感じられ、料理を邪魔しない。

■網焼きポワローのビネグレットマリネと蛤 青海苔のラビオリ仕立て トマトのサラダにパセリのソースを添えて

九十九里の蛤をラビオリ風に仕上げ、底には真ん中だけ使った甘いポワロー葱。トップには岩海苔で、パセリソースを添えて。付け合わせのサラダには、赤と白のフルーツトマト。

■フォアグラを使った一皿

フォアグラをポワレして、パルミジャーノのリゾットを添えて。
フォアグラは軽い火入れで、かための仕上がり。ソースは甘いジュ ド プレ。マッシュルームとパルミジャーノのスライスをたっぷりトッピング。イタリア米は食感がしっかりとして力強い。

■本日の魚料理

青森県産タラの春菊ソース。タラはほのかに甘味があり、重厚な味。鮮烈な春菊ソースがよく合う。タマネギはマリネ、ピューレ、ソテーなど様々な調理方法で。チーズのチップス、アマランサスを添えて。

■本日のお肉料理

シャラン鴨の胸肉一枚をグリエして、ジュのソースで軽く。鴨は軽めに火入れで、鴨特有の味が濃い。食べ終えた後も余韻が続く。
リンゴピューレ、ナスのタルティーヌに、トランペット、フランスのカブ、ツルムラサキ、銀杏。整形した丸いナスタチウムを鴨肉のあしらって、緑のアクセント。

■本日のデセール

リンゴを模ったデザート。リンゴ型のチュイールでアイスクリームを挟み、周りにアールグレイのムースを散らして。リンゴのダイスやナッツもたっぷりで、リズム感がある。

■コーヒー 紅茶 エスプレッソ フレッシュハーブティー(+300)

紅茶はダージリンのセカンドフラッシュ。

■ミニャルディーズ

アニス風味のフィナンシェ、ココナッツのギモーブ

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフル オテル、プレートはレイノー、シェーンバルト、グラスはリーデル。カップ&ソーサーはシェーンバルト。

【サービス】

料理の説明はとてもしっかりとしており、サービスの距離感もよい。適度な会話を楽しめる。
コースの流れは、ピークタイムには遅れるが、トータルではまずまずの進行具合。

【コメント】

前菜からデザートまで目で楽しめ、味は軽めの仕上がり。野菜のデクリネゾンがあったりと、サービス精神も旺盛。安定した老舗ながらも、料理はモダンに寄っている。

【写真】