セララバアド
(Celaravird)
【オープニングパーティー】

セララバアド


モダンガストロミーを気軽に楽しめるレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区上原2-8-11 TWIZA上原 1F
東京都渋谷区上原2-8-11

【電話番号】

0334658471

【定休日】

月を中心に月6回、ランチは2015/02/01よりスタート

【オープン日】

2015/01/20

【シェフ】

シェフは橋本宏一氏。スペイン「エルブリ」で修業し、マンダリン オリエンタル 東京「タパス モラキュラーバー」料理長を務める。デンマーク「ノーマ」でも修行。
「日本には生産者が丁寧に作り上げる美味しい食材やこだわりの手仕事がたくさんある事を感じました。~それらとスペインやデンマークで学んだテクニックと合わせ、新しい日本を表現出来ればと思っています」

【営業時間】

12:00~14:00
18:00~23:00

【座席数】

16席(シェフズカウンター2席、テーブル12席、テラス2席)

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015冬


【店内】

北欧インテリアのカジュアルな雰囲気に。オープンキッチンになっており、目の前でモダンガストロノミーの手技を見て楽しむことができる。

【ドリンク】

■シャンパーニュ ジャック・ラセーニュ レ・ヴィーニュ・ド・モングー ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット

シャルドネ100%のブラン ド ブラン。

【料理】

■オニオングラタンスープ

タマネギの甘味を讃えたスープに、スプーン型のチーズを合わせて。アミューズらしい、味だけではなく目で楽しめる一品。

■鯛茶漬け

ガラスのレンゲで一口に食べるのがよい。シソのジュースを包んだボールに、フレッシュなタイ、あられと、しっかり鯛茶漬けを表現。

■人参キャビア

ニンジンジュースを球にしてキャビアに見立てて。野菜臭さはなく、軽やかな味わい。

■オリーブの泡とクリスタルポテトチップス

薄いポテトチップスにオリーブの泡を載せていただく。ポテトチップスのサクサク感と泡のはかなさがよい取り合わせ。オリーブのほのかな香りが、ジャガイモの風味を品よく感じさせる。

■ランドスケープ

大地をイメージした壮大な一品。アボカドとジャガイモピューレの上にはオリーブのパウダー。その上に、アスパラガス、カブ、ニンジン、ラディッシュ、シメジ、イタリアンパセリ、ディル、チャービル、アマランサスと野菜がたっぷり。

■蛸のガルシア

ジャガイモの上にタコを重ねてピンチョス風に。

■ナツメヤシとベーコン

アーモンド、ナツメヤシをベーコンで包んだピンチョス。ヘルシーで旨味のある北海道産 放牧豚「どろぶた」を使った一品。

■鶏と金柑、蕪のスモーク

ジャーに鶏肉、キンカン、カブを入れて、スモークを閉じ込めている。ジャーを開けた瞬間に、強い燻香が刺激する。

■パチパチチョコ

スティック状になっていて、口中でパチパチと弾ける。

■白い吐息

ミントのメレンゲを液体窒素によって一瞬で凍らせて。口に入れて鼻から息を吐くと白い吐息となる。

【テーブルウェア】

グラスはツヴィーゼル。

【コメント】

エルブリとノーマで修業し、ミシュランで星を獲得したことがある橋本氏がオープンした大注目のレストラン。モダンガストロノミーを手頃な値段で楽しめるのは非常に良心的。

【写真】