レ セゾン
(Le Saisons)

レセゾン


日本の迎賓館として、数多くの賓客をもてなしてきた帝国ホテル。代々受け継がれてきたフランス料理に最新の技法を加え、常に今のフランスの味を届ける。

【公式サイト】


【住所】

大阪府大阪市北区天満橋1-8-50 帝国ホテル 大阪 23F
大阪府大阪市北区天満橋1-8-50

【定休日】

なし

【シェフ】

支配人 兼 シェフは山梨陽巳氏。

【営業時間】

12:00~14:00
17:30~21:30

【座席数】

45席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014冬

【コース】

■スペシャリテ

ズワイ蟹と柚子ゼリーのガトー仕立てにキャビアを添えて カリフラワーのムースをコルネに詰めて
茸のリゾットにトラフグ白子のムニエルと雲丹 白トリュフの香り
聖護院蕪のヴルーテにフォアグラ 黒トリュフを散りばめて
香ばしい鱗をつけた甘鯛のロティとオマー・ブルー シベソース
本日のジビエ
柿のグランマルニエ・フランベ アーモンドミルクのシャーベットとご一緒に
小菓子とコーヒー

【サービス料】

10%


【店内】

180度に広がるラウンド型の造りと窓の美しさで、圧倒的なパノラマビュー。優雅で優越的な印象を抱くことができる。

【ドリンク】

■ストラディバリウス

■アルト・ド・カントナック・ブラウン 2012

■ドメーヌ・ド・モンティーユ ポマール プルミエ・クリュ


【料理】

■アミューズ ブーシュ

カマス、ホタテ、石鯛を燻製にして、クロッシュをかけて供される。香りもさることながら、スッポンスープジュレが出色。

■パン

ドライフルーツとクルミのパン、ライ麦パン、あおさ海苔入りパン。

■ズワイ蟹と柚子ゼリーのガトー仕立てにキャビアを添えて カリフラワーのムースをコルネに詰めて

ズワイガニは柚子ゼリーの爽やかさとよく合う。キャビアを載せて贅沢に。カリフラワーのムースはパートフィロに包んでカラスミも。

■茸のリゾットにトラフグ白子のムニエルと雲丹 白トリュフの香り

キノコおリゾットにはトラフグの白子のムニエル入り。アルバ産白トリュフをふんだんに散らして。他にもウニとアサリのエスプーマを加えて力強く。

■聖護院蕪のヴルーテにフォアグラ 黒トリュフを散りばめて

聖護院蕪のヴルーテは真っ直ぐで慎み深い味わい。フォアグラと黒トリュフを合わせて、食の芸術へと昇華させている。

■香ばしい鱗をつけた甘鯛のロティとオマー・ブルー シベソース

甘鯛は鱗を逆立てて小気味いいポワレ。水槽で調理直前まで生きていたオマーブルーはビスクソースで相性は抜群によい。金時人参やアスパラガスを付け合わせて。

■本日のジビエ

ペルドロー、ピジョン、コルベーユを盛り合わせた珠玉の一品。それぞれのジュで作った赤ワインソースをかけて、赤ワインパウダーを散らしている。同じ部位をカリカリにしてデクリネゾンで提供するサービス精神も。

■柿のグランマルニエ・フランベ アーモンドミルクのシャーベットとご一緒に

コアントローとグランマルニエを使い、目の前で柿をフランベしてくれる。柿はフレッシュとコンポートの2種類。ヘタはチョコレート細工で作り、見た目は柿そのもの。クランブルを合わせて軽快に仕上げている。

■小菓子とコーヒー

抹茶のフィナンシェ、ギモーブ、パートドフリュイ、オランジェショコラ、ショコラ、マカロン。
紅茶はウバ。

【テーブルウェア】

サービスプレートはベルナルド、プレートはナルミ、カトラリはクリストフル ホテル、グラスはリーデル、カップとソーサーはノリタケ、肉料理のナイフはラギヨール アン オブラック。

【サービス】

サービスは着実で至極丁寧。コースの進行は水が流れるようにスムーズ。

【コメント】

帝国ホテルならではの気遣いと基本をベースとし、モダンと創造が溢れた皿に仕立てられている。眺望や雰囲気も随一で、ここぞという時にも利用したいフレンチ。

【写真】