ピャチェーレ
(PIACERE)

ピャチェーレ


イタリアの豪華なダイニングサロンをモダンに表現したコンテンポラリーイタリアン。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル 東京 28F
東京都千代田区丸の内1-8-3

【電話番号】

0367397888

【定休日】

なし

【オープン日】

2009/02/28

【シェフ】

エグゼクティブ シェフはアンドレア・フェレーロ氏。15年に渡りフランス、スペイン、ドバイ、バリ・インドネシアなど世界各国における幅広い経験を経て、ブルガリホテル・ミラノのエグゼクティブ シェフを勤め、2014年9月1日より、シャングリ・ラ ホテル 東京のエグゼクティブ シェフに就任。

【営業時間】

平 6:30~10:00、土日祝 6:30~10:30
平 11:30~14:30、土日祝 12:00~14:30
土日祝 14:30~16:30
平土 18:00~22:00、日祝 18:00~21:00

【座席数】

110席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014冬

【コース】

■5品コース 12500


【サービス料】

13%


【店内】

テーブル間隔はとても広く、天井も窓も高い。ラグジュアリーな空間だが、ソファが低くて寛げる空間となっている。

【ドリンク】

■ペリエ・ジュエ グラン ブリュット

■カステロ・ディ・ポミーノ・ビアンコ・リセルヴァ 2012

■カステル ジョコンド ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2007

■ポミーノ ヴィンサント 2006 カステッロ ディ ポミーノ フレスコバルディ


【料理】

■アミューズ・ブーシュ

シンプルにモッツァレラチーズを。初速はゆっくりとして、噛み締める度に心地よいフレッシュ感がある。パウダー状のペッパー、オリーブオイルをかけて。

■パン

リュイスティック、カンパーニュアルタムーラなど。岩塩、シシリア産のオリーブオイルを添えて。アルタムーラはイタリア南部にあるパンの町「アルタムーラ」のフォカッチャ。
オリーブオイルはジャッキ社のエキストラバージンオリーブオイルであるプリモリオ。

■ムール貝の燻製 ペッパーのクリアソース 雲丹とクレソン チェラスオーラオリーブオイルとライム

ムール貝はモンサンミッシェル産のように小さくて密な食味。爽やかなパプリカのジュースにはウニとクレソンが浮かべられている。

■スパットーニカルボナーラ 卵黄とクリスピーポークチーク ペコリーノチーズ

ソースがほとんどないカルボナーラ。一晩中、砂糖と塩で味付けた卵黄だけの力で。2.1ミリの太いスパットーニはアルデンテでさらに印象的な食感に。

■甘鯛バターヘッドレタスのフォーム ミックス姫大根 キャビア アルガンオイル ガーリックチップとシーアスパラガス

甘鯛はきれいなポワレに。身は繊細でふくよか、皮は大胆でパリパリに。ミックス姫大根、シーアスパラガスといった珍しい野菜も。

■ドライエージング サーロイン 赤ワインドレッシング 軽く灸った葱とポテト サワークリームと共に

しっかりと熟成させたサーロイン。赤ワインドレッシングは熟成香を優美にくすぐる。

■フォルマッジョ

ワインセラーに置かれた29種類のチーズからお好みで。
101ヶ月熟成させたパルメザンチーズ、タレッジオ、シェーブルのようなロビオラ、フレッシュ。

■ティラミス

再解釈したティラミス。まろやかなマスカルポーネ、チョコレートプレート、柑橘の香りを付けたクッキー生地。

■小菓子

ローズのエクレア、白トリュフのマカロン、ピスタチオクリーム入りのカンノーリ。

■コーヒー、紅茶

エスプレッソ。

【テーブルウェア】

カトラリはピャチェーレオリジナルのサンボネ。プレートはナルミやベルナルド。ニッコーの小さな器も。ワイングラスはリーデル、ミネラルウォーターのグラスはスガハラ。

【サービス】

サービススタッフはワインやチーズ、料理の説明がバッチリ。身のこなしも軽く、気も利いている。

【コメント】

どの皿もアンドレア氏の渾身のオリジナルメニュー。フレンチのテイストを持つモダンイタリアン。ムード満点なのでデートに相応しいが、値段も高くなくて肩肘張らないので友人や家族とでもおすすめ。

【写真】