シェ オリビエ
(Chez Olivier)

シェオリビエ


2014年ミシュラン1つ星。
「フランス人シェフが作る、リーズナブルで本格的なフランス料理」がコンセプト。
ランチはビストロ的でディナーはレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区九段南4-1-10
東京都千代田区九段南4-1-10

【電話番号】

0362689933

【定休日】

日、第1月

【オープン日】

2009/09/07

【シェフ】

オーナーシェフはオドス・オリビエ氏。
16歳の時に料理人を始め、トゥール・ダルジャンで副料理長を務める。
2000年8月にル・コルドン・ブルーの料理教授として来日。テクニカル・ディレクターとエグゼクティブ・シェフを務める。

【営業時間】

11:30~14:00
18:30~21:30

【座席数】

32席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013冬

【コース】

■クリスマス特別コース(2013/12/21~25)

アミューズブッシュ
前菜
魚料理
肉料理
アヴァンデセール
デザート

【値段】

8000

【サービス料】

10%(ディナーのみ)


【店内】

テーブル間隔はそう広くない。品がよい空間。
エントランス近くにはバーカウンター。

【ドリンク】

ペリエ ジュエ グラン ブリュット 1600

【料理】

■パン

バゲットに、唐辛子入りバター。

■アミューズブッシュ

□カナッペ
ビーツのジュレに、ニシンを包んで。トリュフが載る。
サーモンのクリームを挟んだ、カナッペ。

■前菜

□黒トリュフのマカロンにのせた仏産フォアグラ 葡萄のムーのシャンティ
全体的にトリュフの香りが豊か。
ケーキのように縦に切って、一度に食べるのがよい。
黒トリュフのマカロンはよいアクセント。
フォアグラの重厚さに、ブドウのシャンティーが負けていない。
高いシャンティーの上にもトリュフ。
冬のトリュフの深い色に、お皿の模様も合う。

■魚料理

□オマール海老のロティ マダガスカル産ヴァニラの香り、金柑風味の南瓜 サフランのナージュ
ペーストは金柑で風味を付けたカボチャ。金柑の立ち上がりが素晴らしい。
ナージュは魚介類の旨味を凝縮。
オマール海老も少なくない。

■肉料理

□エゾ鹿のサーロイン 赤ワインのマリネ 黒トリュフ入りじゃが芋のパイ包み焼き ねずの実の香りの赤ワインソース
蝦夷鹿は柔らかく、火入れは万人に受ける加減。
蝦夷鹿の風味を堪能できる上に、火入れした時の風味も楽しめる。
ジュニパーベリーの赤ワインソースもおいしくて、パンに付けていくらでも食べられる。
菊芋のチップスでポップに。
パイ包みはトリュフはほんの隠し味程度。

■アヴァンデセール

□洋ナシのソルベ わさび風味
ワサビのアクセントが面白い。中々に鮮烈。
普通の洋梨ソルベだと思っていると、じんわりとワサビが効いて驚かされる。

■デザート

□ヴァローナ社のホワイトチョコレートを使用した ビュッシュ・ド・ノエル ライム、洋ナシ、桃とアニス風味のアプリコット
ビュッシュは両サイドにサブレ。ライム、洋梨のホワイトチョコレートムースにアプリコットのジュレが包まれている。
アプリコットピューレも濃厚。

■自家製トリュフチョコレート

トリュフはマイルドな味わい。
自家製ということで状態もよく、口溶け感がある。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ。ティーバッグはTWINING。

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフル。
プレートはミヤザキ。
肉料理のフォークとナイフはフランスのノントロン。
カップはネスプレッソ。

【サービス】

オリビエ氏が自らサービスも行う。
女性の外国人サービススタッフもいる。
サービススタッフが日本人ではないこともあり、説明はあまり深くないが、ポイントは分かる。
コースの流れは早い。

【コメント】

高級食材を使ったクリスマスコースとしてはリーズナブル。
パン、肉料理、デザートが特に出色。
おもてなしの心が感じられる本格フランス料理。

【写真】