ニューヨーク グリル
(NewYork Grill)
【開業20周年記念 パーク ハイアット ファイネスト】

ニューヨーク グリル


アートが調和するインテリア空間と、息をのむ大都会の眺望につつまれて、唯一無二のダイニング体験ができるグリルレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 ホテル パークハイアット東京 52F
東京都新宿区西新宿3-7-1-2

【電話番号】

0353221234

【定休日】

なし

【オープン日】

1994/07/09

【シェフ】

総料理長はトーマス アンゲラー氏。副総料理長は米田浩一氏。料理長はオーストリア出身のステファン レッシュ氏。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

138席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014秋

【コース】

■開業20周年記念 パーク ハイアット ファイネスト 18000

2014年8月に開業した話題のパーク ハイアット ニューヨークより総料理長 セバスティアン アーシャンボーが来日し、スペシャルディナーをお贈りいたします

冷たいシュリンプのポットパイ ブリオッシュのトースト 水菜
ビーフコンソメ ホースラディッシュとクリスピーポテト
ローストしたアンコウのスモーク 豆にブレゼとベーコン チェリートマト バーボン風味のジュ
北海道産和牛サーロインのグリル ハッシュブラウンとビーフジャーキー レッドワインソース
ブラック&ホワイトスモア ピーナッツのアイスクリーム
コーヒー

※2014/11/13~15

【サービス料】

13%


【店内】

大きなガラス張りのオープンキッチン、そして東京を見渡す素晴らしい眺望。南を一望でき、代々木公園を見下ろし、東京タワーを見通せる。

【ドリンク】

■ルイ ロデレール

■スポッツウッド ソーヴィニヨン ブラン 2013

■シャルドネ マイグレーション 2012

■クロ デュ ヴァル ナパ ヴァレー カベルネ ソーヴィニヨン 2011

■マヤ 1995

■コンティニュアム プロプライアタリー レッド 2010


【料理】

■パン

自家製オリーブの白パン。バルサミコ酢入りオリーブオイルと合わせて。

■冷たいシュリンプのポットパイ ブリオッシュのトースト 水菜

アメリカのポットパイは温かいが、冷たい前菜としてアレンジ。ブリオッシュをトースト風にして、ライムゼストのパウダーとチリパウダーを散らして。
大きな海老の下には生クリーム、タバスコ、甲殻類のエキスを合わせたスープ。酸味があってほんのりとスパイシー。
トップには水菜が散らされていて面白い。アメリカの家庭と日本のローカル食材を合わせた一品。

■ビーフコンソメ ホースラディッシュとクリスピーポテト

日本のしゃぶしゃぶからインスピレーションを得た一品。目の前で牛肉のエッセンスが凝縮されたビーフコンソメをかけて、米沢牛のブロックに熱を与えてくれる。紅芯大根、黒大根、ラディッシュ、青首大根を合わせている。米沢牛の上にはホースラディッシュ パールを据えて。

■ローストしたアンコウのスモーク 豆にブレゼとベーコン チェリートマト バーボン風味のジュ

火入れが難しいアンコウはスモークした後に円柱状にし、均等に熱が入るようにしてからスチーム、最後にローストして手間を掛けている。ベーコンとスモークベーコンを散らしたキドニービーンズのようなアメリカの黒豆のラグーと合わせている。力強いバーボンのソースと、フレッシュなセージの葉が印象的。

■北海道産和牛サーロインのグリル ハッシュブラウンとビーフジャーキー レッドワインソース

北海道産和牛サーロインは脂がたっぷりなので、グリルしてちょうどよい加減。赤ワインのビネグレットソースでメリハリを付けている。円柱状の薄いハッシュドブラウンは、神戸ビーフの脂で揚げるというこだわり。その上にはフレッシュな葉野菜とビーフジャーキー。素材の素晴らしさを引き立てるためにシンプルに仕上げて。

■ブラック&ホワイトスモア ピーナッツのアイスクリーム

マシュマロとチョコレートをサンドしたアメリカのお菓子であるスモアに見立てて。マシュマロとビターチョコレートのクッキーはあえて崩してモダンに。ピーナッツアイスクリームはコクが深く、ホワイトチョコレートのパウダーは華やか。

■コーヒー

コーヒーはブレンド。

【テーブルウェア】

プレートはリチャード ジノリ、カトラリはサンボネ、グラスはシュピゲラウとリーデル。

【サービス】

客が多くて忙しいが、サービススタッフは丁寧に対応。説明もしっかりと行ってくれる。

【コメント】

普段のニューヨーク グリルとは趣向が少し違っているのが面白い。日本の食材を存分に使いながらも、本場ニューヨークのグリルの手法を入れている。クラシックな安定感とモダンな志向性がマッチしたスペシャルディナー。

【写真】