ジランドール
(Girandole)

ジランドール


朝食、ランチ、ディナーまで上質な美味を満喫できるフレンチヨーロピアンのオールデイダイニング。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 ホテル パークハイアット東京 41F
東京都新宿区西新宿3-7-1-2

【電話番号】

0353221234

【定休日】

なし

【オープン日】

1994/07/09

【シェフ】

総料理長はトーマス アンゲラー氏。副総料理長は米田浩一氏。料理長は佐藤剛氏。
ミシュランスターシェフであるパーク ハイアット パリ ヴァンドーム総料理長 ジャン フランソワ ルーケット氏のレシピ。

【営業時間】

11:00~15:00
17:00~21:30

【座席数】

80席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014秋

【コース】

■Le Menu du Bistro 4800

ブランダードと帆立貝のマリネ ミモザサラダ または ポークリエットと人参のマリネ 南瓜のサラダ
本日のスープ
ホウボウの香草オリーブオイル焼き チャイブとグリーンペッパーのソース 芽キャベツのブレゼ または ニュージーランド産牛サーロインのグリル ブルギニヨンバターソース マッシュドポテト
シナモンパンナコッタとジャスミンのゼリー 洋梨のコンポート
コーヒー

■Le Menu Degustation 9600

フォアグラのテリーヌ 洋梨とビーツ クルミのサラダ
真鯛とツブ貝のポワレ トピナンブールとマッシュルームのソース
酢橘のグラニテ オーストラリア産仔羊背肉の香草ロースト パプリカとメルゲーズのブレゼ
オレンジシブーストとビターチョコレートアイスクリーム マンダリンソース
コーヒー

※月替わり

【サービス料】

13%


【店内】

ヨーロピアンブラッセリーの雰囲気。144枚の写真や蔵書表であるエクスリブリスが飾られている。アートと絵に囲まれた空間。
窓の外には遮るものがなく、東側を望むことができる。
デートにも接待にも、お一人さまにも向いている

【ドリンク】

■ルイ・ロデレール ブリュット プルミエ 2800

■サンセール 2013年 ドメーヌ・デュ・ノゼ


【料理】

■アミューズ

オマール海老のカクテルサラダ仕立て。オマール海老の旨味で食欲がかきたてられる。

■パン

自家製プティバゲット。バター、低温調理コンフィしたガーリックを添えている。ガーリックは柔らかくてペースト風になっているので、バゲットに塗るとよい。

■フォアグラのテリーヌ 洋梨とビーツ クルミのサラダ

フォアグラは塩気も軽めで、洋梨とそのピューレ、ビーツとよく合う。クルミの香ばしさがよいアクセント。

■真鯛とツブ貝のポワレ トピナンブールとマッシュルームのソース

真鯛は皮目をパリっと焼いて、身はふくよか。マッシュルームは熟成しており、味わい深い。季節のキクイモをピューレにして、しっとりとした甘味を加えている。

■酢橘のグラニテ

立ち上がりからしっかりとした酸味。この後に続くメインディッシュへの期待を想起させる。

■ オーストラリア産仔羊背肉の香草ロースト パプリカとメルゲーズのブレゼ

料理長 佐藤氏が昨年パリを訪れた時に感じたインスピレーションから考えたメニュー。仔羊肉は品のよい味で、香草は穏やかめ。底にはヒヨコ豆やクスクス。香菜を添えているところも、ワンポイント。
仔羊の腸に牛や仔羊の肉を詰めたソーセージであるメルゲーズは香辛料が効いている。

■オレンジシブーストとビターチョコレートアイスクリーム マンダリンソース

シブーストはパリっとしたカラメリゼ。甘酸っぱいオレンジとビターなチョコレートはよいコントラスト。

■コーヒー

紅茶はアールグレイ、ダージリン、アッサム、オレンジペコ、イングリッシュブレックファースト。

【テーブルウェア】

プレートはベルナルド、カトラリはサンボネ、グラスはリーデル。

【サービス】

説明もしっかりとしており、気の利いたサービス。コースの流れは順調。

【コメント】

本格的だが、分かりづらいということもなく、心が温まる料理。ボリューム感もある。ディナーでこの雰囲気と眺望を考えると、値段はリーズナブル。

【写真】