フレンチレストラン キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ
(MICHEL TROISGROS)
【ディナー】

フレンチレストランキュイジーヌミッシェルトロワグロ


ミシュラン2014で、7年連続2つ星。
めざすは、お客さまの笑顔、そして、「美味しかった」よりも「楽しかった」のひとこと。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿2-7-2 ハイアット リージェンシー 東京 1F
東京都新宿区西新宿2-7-2

【電話番号】

0333481234

【定休日】

水木(祝日除く)

【オープン日】

2006/09/15

【シェフ】

「メゾン・トロワグロ」3代目オーナーシェフ、ミッシェル・トロワグロ氏がプロデュース。
エグゼクティブシェフはギヨーム・ブラカヴァル氏。「アルページュ」(3つ星)、「ルドワイヤン」(3つ星)、「ランブロワジー」(3つ星)で修業、「アガペ」(1つ星)シェフ。ロアンヌの「メゾン・トロワグロ」と日本での1年間の経験をかわれ、2012年8月に同店エグゼクティブシェフ。シェフ パティシエはミケーレ アッバテマルコ氏。

【営業時間】

12:00~13:30
18:00~20:30

【座席数】

ホール58席、個室12席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014秋

【コース】

■一歩ずつ… 21000

アミューズ ブーシュ
ラングスティーヌ ラルドのヴェールとフェンネル
トーフ ムール貝とサフラン
フォワグラのグリエ グレープフルーツとコート・ロアネーズ
エクルヴィス スイカとパプリカのガスパチョ
仔羊のブリュレとトマト
チーズセレクション
プレ・デセール
桃のグルマンディーズ
コーヒー、小菓子

【サービス料】

10%


【店内】

テーブル間隔は広く。椅子は肘掛け付き。
奥は落ち着いた雰囲気で、手前は窓の採光が多い。
ガラス張りオープンキッチンで迫力がある。

【料理】

■フィンガーフード

マグロのタルト、フムスのフリット、トマト。

■パン

そば粉のブリオッシュ、パン ド カンパーニュ。有塩バターを添えて。

■アミューズブッシュ

ハマグリのパッションフルーツソース。ハマグリの生き生きとした弾力、鮮やかなパッションフルーツ。

■ラングスティーヌ ラルドのヴェールとフェンネル

ラングスティーヌと背脂を合わせて、カルパッチョにして。フェンネルでシンプルに味付ける。ラングスティーヌの旨味を存分に楽しめる。

■トーフ ムール貝とサフラン

モンサンミッシェルのムール貝にサフランソースをかけ、薄いトーフのシートを被せている。目の前でトーフのシートをカットしてくれる演出。

■フォワグラのグリエ グレープフルーツとコート・ロアネーズ

フォワグラを強めの火入れで、厚みがあって、ゆっくりと口溶ける。コート・ロアネーズはトロワグロの料理と相性のよいワインを使い、グレープフルーツ、フレッシュアーモンドを添えて

■エクルヴィス スイカとパプリカのガスパチョ

ザリガニの身をたっぷりと使って、ガスパチョにしている。目の前でガスパチョをかける演出。ズッキーニ、キュウリ、パプリカ、スイカに一味をアクセントに。

■仔羊のブリュレとトマト

仔羊はこんがりと焼いている。ローズマリーで香り付けて、仔羊のジュとシェリー酒のソース。仔羊のおいしさを真っ直ぐに感じられる。ガーリックとオレンジのペースト、ミディトマトを添えて。

■チーズセレクション

10種類以上のチーズ。コンテチーズは24年熟成。ゴルゴンゾーラはハチミツを添えて。日本酒のチーズは広がりのある香ばしさ。

■プレ・デセール

お米のクリームとお米を加えたパンナコッタ。トマトとリンゴのジュレ、フレッシュなトマトを合わせている。

■桃のグルマンディーズ

メレンゲで円柱状にした、スイーツ。エストラゴンのバター、エストラゴンクリーム、日向夏を合わせている。円柱はどれも高さが異なり、高さが異なると味わい方も異なる。

■コーヒー、小菓子

紅茶は上階の「カフェ」と同じでマリアージュフレール。ダージリン、アールグレイ。

■ミニャルディーズ

マカロン、ショコラ、ブールドネージュ、タルトレットの4種。

【テーブルウェア】

カトラリはエルキューイ、グラスはリーデルとスガハラ。サービスプレートはジャンルイコケー、プレートはレイノーやノリタケ、ニッコー。
パンの磁器はカマチ。肉料理のナイフは鮮やかなハンドルのフォルジ ドゥ ライヨール。

【サービス】

サービススタッフは紳士的で、所作が自然できびきびしている。説明は割と簡潔。

【コメント】

1皿の食材は4種類程度なので、モダンだが、割とシンプルで素材がよく分かる。見た目も鮮やかで美しい。特に魚介類を使った皿の方が斬新で新しい。

【写真】