ザ・ダイニング ルーム
(THE DINING ROOM)
【タパタイザー プレス発表会】

ザダイニングルーム


日中は天窓から燦々と降り注ぐ、さわやかな陽射しを楽しみながら、夜はキャンドルライトとせせらぎのハーモニーが醸し出す神秘的な佇まいの中で、ヨーロッパやアジアのテイストを融合した料理を提供。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F
東京都港区港南2-16-1

【電話番号】

0345621581

【定休日】

なし

【オープン日】

2003/05/20

【シェフ】

料理長は小橋潔氏、シェフ パティシエは加藤憲男氏。

【営業時間】

6:30~11:30
11:30~14:30
14:30~17:30
17:30~22:00
22:00~24:00

【座席数】

89席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014秋

【コース】

■メディアプレビュー&試食会

タパタイザー(前菜)
骨付きコレナイ豚ロース肉のロースト 塩レモンソース 野菜のトマト煮込み添え
アフタヌーンティーセット「秋菓の重」より フルーツのトリュフ風味チョコレートディップ添え

【サービス料】

10%


【店内】

とても高い吹き抜けと、店内を巡っている水。オープンキッチンになっていて、とても開放感がある。

【ドリンク】

■食前酒

□シャンパーニュ
ジャン・ド・ヴィラーレ・グラン・レゼルヴ・ブリュット。

■食後酒

□フルーツブランデーフェアより カルヴァドスカクテル デュック ド ポム
カルファドスを使ったカクテル。

□アフタヌーンティーセット「秋菓の重」より インディアン ナイト ミネラルウォーター ヒルドン使用
中硬水のヒルドンで茶葉の風味を引き出している。

【料理】

■タパタイザー


次から次へと運ばれて来る。

□グリッシーニ
豊富に用意されたディップに付けていただく。

□チーズのハーブオイルマリネ、ワカモレ、クリームチーズ、フムス、オリーヴとドライトマトのマリネ
アボカドとクリームチーズが出色。グリッシーニはもちろん、パンに付けて食べてもおいしい。

□ボタン海老のマリネ オレンジとディル風味 パテ ド カンパーニュ マーマレード添え、ポテトとブルーチーズのサラダ、チェリートマトとポッコンチーニのカプレーゼ、オレンジとレーズン入りキャロットラペサラダ
パテ ド カンパーニュはお酒によく合う。ポテトとブルーチーズのサラダはブルーチーズの香りが解き放たれていて、口中一杯に広がる。チェリートマトは球形のモッツァレラであるポッコンチーニと相性抜群。

□ブランダード キャヴィエ添え、魚のマリネ ニース風味、ポークリエット コレナイ豚のペースト
ブランダードはスプーンで一口に。ポークリエットはコレナイ豚なのでしつこくない。

□フォアグラコンフィ ドライフィグの赤ワイン煮添え、鴨のロースト、焼きとうもろこしの冷製クリームスープ
フォアグラのコンフィは小さいクロッシュで。鴨のローストはピケにして、細長い小グラスに。焼きとうもろこしのスープはほのかに焦がした香りが、甘くて優美なトウモロコシとよいコントラスト。

□ナッツクラストフライドフィッシュ、スパニッシュオムレツ トリュフ風味、海老のアヒージョ、マッシュルームとしいたけのマリネ
スパニッシュオムレツは邪魔にならない程度でトリュフ風味。

□プティミッシュ、バゲット、カンパーニュ、バゲッティーヌ
ミッシュは小麦粉とライムギを同程度配合したパン。プティサイズで食べ易く、適度に朴訥なのでアペタイザーとよく合う。バゲッティーヌもクラストがパリっと冴え渡る。

■骨付きコレナイ豚ロース肉のロースト 塩レモンソース 野菜のトマト煮込み添え

蓄熱性に優れ、一気に表面を焼き上げることでムラなく熱を伝える、岩手県奥州市水沢区「南部鉄器OIGEN 及源」を使用。千葉県産のコレステロールが少ない豚「コレナイ豚」を目の前で好きなサイズにカービングしてくれる。ジュを合わせた塩レモンソースは異国情緒感があり、とてもさっぱり。白インゲン豆たっぷりのカスレを添えている。

■アフタヌーンティーセット「秋菓の重」より フルーツのトリュフ風味チョコレートディップ添え

温かいチョコレートに合わせたトリュフは香りが豊かで、口中一杯に広がる。フルーツはアプリコット、イチジク、プルーン、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー。

■ミニャルディーズ

クッキー、パート ド フリュイ。

【テーブルウェア】

カトラリはベーエムエフ、グラスはツヴィーゼルやパルレ、プレートやカップはニッコー。

【サービス】

次から次へと手際よくタパタイザーが運ばれて来る。食べ終えたタパタイザーの片付けも早い。シャンパーニュの継ぎ足しも素早い。

【コメント】

少量多皿のデギュスタシオンやブッフェが流行している中で、また少し方向性を変えて工夫されている。コレナイ豚など、食材へのこだわりも。新しいタイプのアペタイザーであるタパタイザーは是非おすすめ。

【写真】