レストラン ル プティ ブドン
(Restaurant Le Petit Bedon)

レストランルプティブドン


在日フランス人も絶賛する本場のフランス料理とワイン。店名は「小さなお腹」を意味する。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区鉢山町13-13 ヒルサイドウエスト B1
東京都渋谷区鉢山町13-13

【電話番号】

0354570086

【定休日】


【オープン日】

1998/11

【シェフ】

オーナーシェフはアンドレ・パッション氏。

【営業時間】

11:30~16:00
18:00~24:00

【座席数】

50席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■メニュー グルマン 4900

オードブル2品
お魚又はお肉料理1品
デザートワゴン
コーヒー又は紅茶

【値段】

9075

【サービス料】

10%


【店内】

地階だが、天井は低くなく、天窓から光が差し込むので、心地よい。テーブル間隔も広め。

【ドリンク】

■グラス・シャンパン 1700

エドシック・モノポール

■リンゴジュース 750


【料理】

■アミューズ・ブーシュ

□クリームチーズとマスの卵のタルトレット
軽いクリームにサクサクタルトレット。マスの卵の塩味がよいアクセント。

■パン

バゲット、パン ド カンパーニュ。
プロヴァンスのオリーブオイルに削ったミモレットチーズと削った胡椒を加えて、風味と刺激を増す。

■オードブル

鮮魚のカルパッチョ スパイス風味 オレンジドレッシング ザクロと共に サラダ添え
本日のオードブルトマトファルシー カニ詰め アボカドソース トマトのジュレと共に
フォアグラのテリーヌ アプリコットのナパージュ ハイビスカスシロップソース +900
オマール海老の薄切り ナスのキャビア バルサミコソース +900

□本日のオードブル
リエーブルのテリーヌ。素直なリエーブルと、真ん中にフォアグラ。
タイムとエストラゴンで豊かな味わいにして、黒トリュフをほんのりと忍ばせている。

□フォアグラのテリーヌ アプリコットのナパージュ ハイビスカスシロップソース
フォアグラのテリーヌは珍しい立方体にして、アプリコットのナパージュで覆う。周りには甘いハイビスカスのソースと、酸味のある甘いアプリコットのコンフィチュール。
フォアグラの厚みがあってもしつこくないが、アプリコットとハイビスカスでさらに軽やかに。

■メインディッシュ

本日長崎より入荷のお魚料理
カナダ産オマール海老と野菜のリゾット、濃厚なクーリ +1300
とろける牛ホホ肉の赤ワイン煮 人参のソテー ハチミツとクミン風味
特選黒毛和牛のグリエ デュラム小麦のクリーム煮 グリーンペッパーソース +1300

□とろける牛ホホ肉の赤ワイン煮 人参のソテー ハチミツとクミン風味
人参のグラッセにはクミンを載せて。牛ホホ肉はゼラチン質で柔らかく、赤ワインに負けぬ味わい。ソースは赤ワインの中でクミンが効果的。

■デザート

ワゴンから3種類を選択。
スフレチーズ、シブースト、リンゴタルト、カシスのムース、チョコレートムースケーキ、パリブレスト、キャラメルムース、チョコレートケーキいちじく、フルーツの赤ワインコンポート、グラス2種(バニラ、桃)、ソルベ2種(スイカ、カルヴァドス)

リンゴタルトははアーモンドクリームが出色で、薄切りしたリンゴソテーのフレッシュな酸味が爽やか。パリブレストはプラリネクリームがとてもずっしりとくる。割とシンプルな構成。チョコレートケーキは焼いておらず、生チョコレートに近い。加えられたイチジクが素晴らしいアクセント。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリンとアールグレイのブレンドティー。

【テーブルウェア】

サービスプレートはギ ドグレーヌ、プレートはピリヴィッツやギ ドグレーヌ、今ではなくなったLetang Remy、カトラリーはギドグレーヌ。
カップはナルミ、グラスはスガハラなど。

【サービス】

外国サービススタッフは日本語が実に堪能でウィットに富む。日本人のサービススタッフは応対が丁寧だが硬くて距離感がある。
コースの流れはは早め。

【コメント】

シンプルでしっかりとした味のメニューが多い。値段は安くないが高いこともない。ワゴンデザートは好きなだけ選べると嬉しい。

【写真】