フランス料理 クラウンレストラン
(French cuisine CROWN RESTAURANT)

フランスリョウリクラウンレストラン


19世紀フランス料理界の巨匠、オーギュスト・エスコフィエの流れを汲む正統フレンチ。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区飯田橋1-1-1 ホテルグランドパレス 23F
東京都千代田区飯田橋1-1-1

【電話番号】

0332641111

【定休日】

なし

【シェフ】

フランス料理 クラウンレストランと鉄板焼 千鳥のシェフはどちらとも小峰康司氏。1997年、ホテルグランドパレス入社。2013年10月に歴代最年少でシェフに。

【営業時間】

11:30~14:00
17:30~21:00

【座席数】

72席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■伝統の逸品を味わうコース 12000

一口前菜
冷前菜
温前菜
スープ
お魚料理
お肉料理
デザート
プティフール
パン・コーヒー

【値段】

13912

【サービス料】

10%


【店内】

北の丸公園や千鳥ケ淵の景色を眺められる。エレガントで落ち着いた雰囲気。エントランスからのアプローチ壁面には絵画も。

【ドリンク】

■ペリエ 330ml 648


【料理】

■一口前菜

□野菜パパイヤのキッシュ
あまりパパイヤを感じさせない。チーズの香りがよく、生地はサクサクしている。

■パン

バゲット、バターロール、レーズンパン。

■冷前菜

□スモーキングサーモン
一枚になった立派なスモークサーモン。
キングサーモンが使われているので脂がたっぷり。サワークリーム、ケッパー、紫タマネギでさっぱりとした後味に。

■温前菜

□エスカルゴ、ブルゴーニュ風
殻付きの美しいエスカルゴを2つ。エスカルゴトングを添えて。
エスカルゴはブリオッシュトーストに載せられている。身を取り出して、ブリオッシュトーストに載せて食べるのが旨い。エスカルゴは肉厚で、香草バターの香りが口中で満たされる。

■スープ

伝統のコンソメ
ヴィシソワーズ

□伝統のコンソメ
シンプルで澄んだコンソメ。派手さはなく、思ったよりも大人しいものの、仔牛の旨味がぎっしり詰まっている。

■お魚料理

舌平目のボンファム
オマール海老のアメリケーヌ

□舌平目のボンファム
ボンファムはフィメドポワソン、白ワイン、ヴァン・ブランソースを加えて、焼き色を付ける程度に焼いたクラシック料理。
舌平目はあっさりとした食味がよく、ボリュームたっぷり。グラチネされた表面が癖になる味わい。

■お肉料理

鹿児島和牛フィレ肉のグリエ(ソースをお選び下さい)
和牛頬肉の赤ワイン煮込み
□和牛頬肉の赤ワイン煮込み
頬肉はゼラチン質で柔らかく、脂のくどさもない。
デミグラスソースではなくフォンドボーを使って軽めに仕上げているが、旨味をしっかりと携えている。赤ワインも効いていて、ソースはパンに付けても非常においしい。

■デザート

□ピーチメルバ
ピーチメルバを中心に据え、プレートの縁にはハーブゼリーを載せて遊び心を。
桃の果肉と生クリーム、バニラアイスクリームの一体感がたまらない。トップにはチュイールを据えて。

■プティフール

生ショコラ、オレンジケーキ、アーモンドケーキ。

■コーヒー

紅茶はセイロンティー。

【テーブルウェア】

カトラリはノリタケ、プレートはノリタケとナルミ、カップはナルミ。

【サービス】

とても丁寧だが、やや緊張感があって硬い印象。説明はシンプルに。

【コメント】

クラシックの王道を楽しめる。ボンファムや頬肉の煮込みなど、伝統の逸品があるのはよい。
千鳥ケ淵の眺望を楽しめる、他とは違ったフレンチ。

【写真】