レザンファン ギャテ
(Les Enfants Gates)

レザンファンギャテ


2007年から2014年までミシュラン1つ星。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区猿楽町2-3
東京都渋谷区猿楽町2-3

【電話番号】

0334762929

【定休日】


【オープン日】

2007/04/04

【シェフ】

シェフは松澤直紀氏。精密機械のような器用さとイマジネーションで、個々の素材を宝石のような美しい艶やかなテリーヌに仕上げる。

【営業時間】

12:00~14:00
18:00~21:30

【座席数】

24席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■ムニュ ボンヌ テリーヌ

アミューズ・ブーシュ
テリーヌ
本日のスープ
テリーヌ
デザート
カフェ 又は 紅茶、ハーブティーとミニャルディーズ

【値段】

5040

【サービス料】

10%


【店内】

奥に長い。
手前はガラス張りの側面に面していて、開放感がある。

【料理】

■コレクシオン・ドゥ・テリーヌ

契約農家より取り寄せた 20種類の野菜
長期熟成をかけた定番の田舎風 レザンファン ギャテのスペシャリテ
活オマール海老と地鶏のササミのミキュイ オリエンタル風 +525円
地鶏と豚足でアレンジしたフロマージュ・ド・テット
信州鹿の燻製とフォアグラ ナッツとドライフルーツのチャツネ オレンジの香り +630円
7種類の温かいキノコ ポルト酒風味のトランペットデモールのソース
ナチュラルに仕上げたフランス産鴨のフォアグラ ブリオッシュ・トースト添え +735円


■アミューズブッシュ

サンマ、シイタケ、ジャガイモのテリーヌ。

トップには燻製で香りを付けた生クリーム、ディル。
サンマは脂がたっぷりで、シイタケは存在が弱くて脇役。
ジャガイモはシャキシャキしてアクセント。


■テリーヌ

コレクシオン・ドゥ・テリーヌから選択

□長期熟成をかけた定番の田舎風 レザンファン ギャテのスペシャリテ

仔牛、豚肉、フォアグラ、鶏、ピスタチオを使ったテリーヌ。
ポルト酒ジュレ、チェリー、野菜のピクルスが添えられている。

テリーヌは厚みがあって密度が濃い。好みでマスタードを付けて。
そのままで素材が触れ合う味わいだけを楽しんだ方がよい。

スペシャリテらしく食べ終えた後に満足感がある。



■本日のスープ


□紅あずまのスープ

スープはやや軽めだが、甘味はしっかり。底には甘いサツマイモのダイス。
ローストしたアーモンド、アーモンドの香り付けをした泡をトッピング。


■テリーヌ

コレクシオン・ドゥ・テリーヌから選択

□ナチュラルに仕上げたフランス産鴨のフォアグラ ブリオッシュ・トースト添え

フォアグラのテリーヌはフォアグラたっぷりで、思った以上のボリューム。
冷たいので、脂はさらにが重たく。塩気も強いので、そのまま食べ続けると少し辛い。
添えられたルバーブのコンフィチュールは酸味がしっかりめ。それでも、フォアグラに合わせると負けてしまう。
ブリオッシュはスティック型でサクラク。卵たっぷり。


■デザート

紅玉のテリーヌ
モンブラン

□紅玉のテリーヌ

紅玉のテリーヌにはラムレーズンも。紅玉はソテーされていて、お酒もやや効いている。
シナモン、ナツメグの効いたチャイのアイスクリーム添え。


■コーヒー、紅茶


茶葉12種からセレクト。自由に香りを嗅いでよい。

スペアミント、ラベンダー、レモングラス、アールグレイ、カモミール、ニルギリ、アッサム、ローズ、ヴェルヴェーヌ、リンデン、アップルティー、ダージリン



■ミニャルディーズ


メレンゲ2種。白のメレンゲのフィリングはレモンクリーム。赤のメレンゲのフィリングはカシスクリーム。

【テーブルウェア】

サービスプレートはレイノー。プレートはフランスのジャン・ルイ・コケー。
カトラリはクリストフル。
テリーヌの容器はストウブのテリーヌ鍋。

【サービス】

スタッフによるが、担当スタッフは変に気取らずにフレンドリー。
説明は丁寧で聞き取り易い。

【コメント】

テリーヌでここまで食べさせるとは驚き。
評判通りに、ちゃんとコースになっている。
フレンチのコースでテリーヌが供されなくなっているだけに新鮮。
ベタなようだが、テリーヌはスペシャリテのパテ ド カンパーニュ(田舎風)がオススメ。

【写真】