サンス・エ・サヴール
(Sense & Saveurs)

サンスエサヴール


洗練されたパリのエスプリが凝縮されたモダンなフランス料理店。店名は仏語で「五感の追求」という意味。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 35F
東京都千代田区丸の内2-4-1

【電話番号】

0352202701

【定休日】

なし

【オープン日】

2002/09/06

【シェフ】

ミシュラン3つ星を最年少で獲得した南仏・モンペリエ「ル・ジャンルダン・デ・サンス」の双子オーナーシェフ、ジャック&ローラン・プルセル氏がプロデュース。
料理長は長谷川幸太郎氏。シェラトン・グランデ・トーキョーベイでパティシエを務めた後、フランス料理「ザ・サミット」で修業。26歳で渡仏し、3年半修業。プルセル兄弟にも師事。

【営業時間】

11:30~13:30
平土 17:30~21:00
日祝 17:30~20:30

【座席数】

80席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■Sens & Emotion 8000

本日の一口前菜

帆立貝と灸り槍烏賊のマリネ フレッシュハーブのサラダ
スイカと赤い果実の冷たいミネストローネソースと共に

天然鱸のロティ 茄子のラザニア仕立て バジルのアクセント
セトワーズのリソール フヌイユの香るブイヨン・カプチーノ仕立て

黒毛和牛のロティ ジャガイモとセップ茸のクルスティヤン
パッションフルーツと赤ワインのレデュクション
(フォアグラポワレ +1000円)

ショコラとマスカルポーネのムース
ヨーグルトのエスプーマ グラニテカフェと共に

コーヒー

ミニャルディーズ

【値段】

12877

【サービス料】

ランチ10%、ディナー13%


【店内】

テーブル間隔は広い。天井はやや高め。窓からは、東京湾、レインボーブリッジ、東京タワーを一望できる。

【ドリンク】

■グラスシャンパーニュ 2000

ドゥラモット・ブラン・ド・ブランをヒラマツオリジナルに。
70ml程度と多くないが、高級シャンパーニュなので値段は妥当。

■オレンジ・ジュース 840


【料理】

■フィンガーフード

豚足、頬肉、ピスタチオのコロッケ。コラーゲンを多く含んでいて、口溶けがよい。ピスタチオは隠し

■パン

かためのプティバゲット。オリーブオイルを添えて。

■本日の一口前菜

アサリと和梨のスライス、レンコンのフリット。梨と貝の出汁を使って。

■帆立貝と灸り槍烏賊のマリネ フレッシュハーブのサラダ スイカと赤い果実の冷たいミネストローネソースと共に

プレートを縦使いしているのがユニーク。スイカのミネストローネソースは、スイカの皮で蓋をしている。イチゴやトマトの酸味をはっきりと表して。
帆立貝はとろけるような食感と甘味、槍烏賊は灸っているので、香りが立つ。
ミョウガ、水菜といった野菜で和風にシフトして。

■天然鱸のロティ 茄子のラザニア仕立て バジルのアクセント セトワーズのリソール フヌイユの香るブイヨン・カプチーノ仕立て

鱸は締まった旨味で、食味には余計なものがない厳密さ。フェンネル風味のクリームソースと合わさると、大人の色気のある味に。
底には茄子ラザニアが敷かれ、縁にはトマトソースの春巻が立てか掛けられている。

■黒毛和牛のロティ ジャガイモとセップ茸のクルスティヤン パッションフルーツと赤ワインのレデュクション

黒毛和牛は小豆島のオリーブ牛。脂が少なくて、赤身が実に旨い。フォン ド ボーのソース、パッションフルーツのソース、タマネギのレデュクションを添えて。
ジャガイモとセップ茸のクルスティヤンは筒状で外がカリカリ。

■ショコラとマスカルポーネのムース ヨーグルトのエスプーマ グラニテカフェと共に

底から順番にショコラムース、マスカルポーネ、エスプレッソのグラニテ、ヨーグルトムース、ラングドシャ、チョコレートプレート。
ショコラムースが濃厚で他は穏やか。全体的にゆったりとした起伏の少ないデセール。

■コーヒー

紅茶はアッサム、アールグレイ、ダージリン。

■ミニャルディーズ

ミニワゴンで運ばれて来てお好きなだけ。
マドレーヌ、マカロン、パート ド フリュイ、バナナのギモーブ。キャラメル。

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフル、プレートはベルナルド、グラスはリーデル。
肉料理のナイフはラギヨール アン オブラック。カップとソーサーはニッコー。

【サービス】

きっちりしているが、応対は物腰が柔らかくて感じもよい。
それなりに混雑していたが、コースの流れはスムーズ。説明はもう少し丁寧でもよい。

【コメント】

ひらまつグループなので、コースは安定している。
プルセル兄弟がプロデュースした割には驚きがあまりないのは残念。
眺望が素晴らしいちょっとモダンなおしゃれフレンチ。

【写真】