麻布十番 うなぎ ひつまぶし はなぶさ

アザブジュウバンウナギヒツマブシハナブサ


和モダンな本格的うなぎ屋。海外製の食器やグラスなどを用い、名古屋特有の「地焼き」という伝統の調理方法を使う。美食家の集まるスタイリッシュな「麻布十番の街」という空間をコンセプトに掲げている。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区麻布十番2-8-8 ミレニアムタワー 5F
東京都港区麻布十番2-8-8

【電話番号】

0334575870

【定休日】

なし

【オープン日】

2012/01

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~22:00

【座席数】

18席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014夏

【値段】

6300


【店内】

店内はとても狭い。5階にカジュアルで狭いテーブルが並べられている。
螺旋階段を使って、VIPと称される中5階は、ソファーが並べられた個室風の空間。

【ドリンク】

■ウーロン茶 500


【料理】

■上ひつまぶし 5800

うなぎ二段
シャモジで十字切りして、四等分する。最初は山椒で、2回目は薬味で、3回目はお茶漬けで、4回目は好みで。
うなぎは外はカリっと焼き上がっており、中はふっくら。2段になっているのでボリュームはある。ご飯にはそれほどタレがしみていない。

【サービス】

混雑していることもあるのだろうが、最初から最後まで急かされた。説明もお座なりで、あまりホスピタリティを感じられないのは残念。

【コメント】

ひつまぶし自体はおいしく楽しく食べることができた。ただ、隠れ家的な雰囲気はよいが、店内が狭い上に、落ち着いて食べさせてもらえない。価格が安いものではないだけに、評価は厳しくなるかも知れない。

【写真】