広東料理 龍天門

カントンリョウリリュウテンモン


黒とゴールドを基調としたエキゾチックな空間の中、伝統的な調理法と本場の味を追求した広東料理を堪能できる。広東の美味を集結したスタイリッシュなひと皿は、まさに食の芸術。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 2F
東京都目黒区三田1-4-1

【電話番号】

0354237777

【定休日】

なし

【シェフ】

料理長は鄧徳勝氏。1998年に同店副料理長、2012年に料理長。

【営業時間】

平 11:30~15:00
土日祝 11:30~16:30
17:30~21:30

【座席数】

137席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■料理長おすすめコース


【サービス料】

10%


【店内】

黒とゴールドを基調としたエキゾチックな空間。テーブル間隔はゆうったりとして、ゆるやかに時間が流れる雰囲気。

【ドリンク】

■黒烏龍茶


【料理】

■突き出し

上海唐辛子。肉厚でマイルドな味わい。噛めば噛む程に深い味わいがある。

■前菜の盛り合わせ

キクラゲ、野菜の酢漬け、海老、煮豆、3種焼物。
野菜の酢漬けはショウガなどで、キリっとした酸味。
チャーシューは香りが抑えめで上品、豚肉は弾力があって旨味たっぷり。

■クレソンのスープ

珍しいクレソンのスープ。えぐみなど全くなく、ストレートで滋味が感じられる。豚バラ肉が柔らかくてゼラチン質。

■こだわり蒸し点心

肉の力が溢れる焼売、皮がおいしい蒸し餃子、フィリングの湯葉が出色の餅米餃子。

■海鮮と野菜の炒め

ホタテ、海老、黄ニラ。塩味で潮の風味を生かしている。黄ニラが旨い。

■牛肉のブラックビーンズ炒め

牛肉に豆鼓が効いた味濃いソース。牛肉は厚いが柔らかく、歯切れもよい。

■坦々麺

あっさりめの坦々麺。胡麻の風味も弱め。

■マンゴープリン

底にマンゴープリンで、その上にはクリーミーなマンゴークリーム。さらにはほぐしたルビーグレープフルーツで彩りを添えて。

【テーブルウェア】

プレートやカトラリはナルミ。

【サービス】

コースメニューはテンポよく運ばれて来る。

【コメント】

ミシュランシェフの陳啓明氏の後任、鄧氏に代わり、奔放さはなくなったが、どれも安定した味わい。焼物が得意で、クレソンスープなどの新しいメニューもある。新しくなった龍天門を引き続き期待したい。

【写真】