ラ・メール・プラール
(La Mere Poulard)

ラメールプラール


フランスの世界遺産モンサンミッシェルに本店を構え、初めて海外へ出店。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム内
東京都千代田区丸の内3-5-1

【電話番号】

0352527171

【定休日】

なし

【オープン日】

2011/08/01

【シェフ】

ラ・メール・プラールはモンサンミッシェルで有名な料理人。1888年に宿屋を開いた。

【営業時間】

11:00~23:00

【座席数】

74席

【利用時間】

終日

【訪問日】

2014夏

【コース】

■コースメニュー 3300

オードブル一品
伝統のオムレツ一品 または 伝統のマルミット(鍋料理)一品
デザート一品
コーヒーまたは紅茶、エスプレッソ、カフェラテ
パン、フライドポテト付

【値段】

5683

【サービス料】

10%


【店内】

エントランスを入ってガラス側が小さな丸テーブルが配されたカフェエリア、奥は四角いテーブルが配されたダイニングエリア。
テーブル間隔は狭く、カジュアルな感じ。

【ドリンク】

■アップルジュース 550


■シードル 辛口 660

ラ・メール・プラール シードル。同店のオリジナルシードル。

【料理】

■オードブル

季節の野菜スープ
スープドポワソン
野菜のマリネサラダ
日替わりサラダ
サーモンのマリネ フレッシュハーブ風味
帆立のマリネサラダ
スモークチキンサラダ
温かいカマンベールのクリスティアンサラダ
オードブルのテイスティングプレート +330

□オードブルのテイスティングプレート
様々なオードブルのデギュスタシオン。
温かいカマンベールのクリスティアン、サーモンのマリネ、ホタテのマリネ、海老のカクテルソース、スモークチキン、アボカドのカナッペ、グリーンサラダ。
温かいカマンベールのクリスティアンはカラッと揚げられていて、癖になるおつまみ。サーモンのマリネはバジルソース。スモークチキンはとてもさっぱり。グリーンサラダにはサニーレタス、チャイブ、松の実で、ビネガーソース。

■パンまたはフライドポテト

□フライドポテト
皮付きの長いフライドポテト。塩も振ってある。

■伝統のオムレツ

ベジタブルオムレツ
キノコのオムレツ
スモークサーモンオムレツ
スパイシーエビオムレツ
カレー風味シーフードオムレツ
チキンクリームのオムレツ
フォアグラリゾットのオムレツ
ベーコン、チーズ、ポテトのオムレツ

□フォアグラリゾットのオムレツ
オムレツはとても大きくて、高さもあってふわふわ。フィリングはチーズで、味付けも軽くてシンプル。
リゾットはワイルドライス入りでアクセントがある。フォアグラは25g程度のポーション。

■デザート

クレームブリュレ
フォンダンショコラ
塩キャラメルクレープ
リンゴのタルトタタン
季節のムース
日替わりデザート
バニラアイスクリーム
チョコレートアイスクリーム
ベリーシャーベット
マンゴーのシャーベット
スイートオムレツのテイスティングプレート +330
デザートのテイスティングプレート +330

□デザートのテイスティングプレート
リンゴのタルトタタン、クレームブリュレ、フォンダンショコラ、バニラアイスクリーム。
リンゴのタルトタタンはビターで酸味があって大人の味わい。底は薄いパイ生地。クレームブリュレはバニラたっぷりで、甘い。フォンダンショコラは苦味が抑えられていて、チョコレート感も弱い。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

カトラリはシャンブリートリオ、プレートはデュラブルレベル、カップ&ソーサーはノリタケ。

【サービス】

サービス自体は悪くないが、説明もあまりないし、応対は機械的であるし、サービス料を取るには難しい。
ピーク前であまり混雑していなかったが、コースの流れも安定しない。

【コメント】

オムレツが特に名物で、どんなものであるか食べに行く価値はある。
メニューも固定化しているし、ビストロというよりも、カフェの延長といった印象。

【写真】