サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ
(Salle a manger de Hisashi WAKISAKA)

サラマンジェドイザシワキサカ


本物のリヨン料理を標榜するレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座7-2-8 TAKAYA-GINZAビル B1
東京都中央区銀座7-2-8

【電話番号】

0362806481

【定休日】

日、祝日の月

【オープン日】

2013/01

【シェフ】

オーナーシェフは脇坂尚氏。2002年に渡仏し、リヨンで研鑽を積む。帰国後、横浜「リパイユ・エクスキーズ」シェフ、2006年に虎ノ門に同店をオープンし、2013年に移転。

【営業時間】

11:30~13:30
18:00~23:00

【座席数】

20席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■ランチメニュー 1500

ポタージュ ボヌ・ファム
トウモロコシの冷たいヴルテ
きのことチキンのマリネ

エッグ・ベネディクト(ベーコン&サーモンマリネ)
オーストラリア産 バヴェットのソテ エシャロットソース(ハラミではありません)

食後のコーヒー・紅茶・ハーブティー +200円
デザートとセットで+600円

【値段】

1500

【サービス料】

席料500円(ディナーのみ)


【店内】

地階ということもあるが、壁の造りの関係でやや閉塞感はあるが、居心地は悪くない。
オープンキッチンなので、奥の席でなければ迫力が伝わってくる。

【料理】

■パン

バゲット。クラストは厚めでサックリとする。

■トウモロコシの冷たいヴルテ

コンソメジュレが浮かべられ、セルフィーユが据えられている。
冷たいがヴルテなので非常に濃厚。トウモロコシの甘味をがっちりと堪能できる。

■オーストラリア産 バヴェットのソテ エシャロットソース

ビネグレットとバルサミコ酢をかけたグリーンサラダを添えている。
バヴェットはフィレ近くにある部位でカイノミ。とても柔らかく脂もある。
細長くカットされており、ボリュームも多い。

【テーブルウェア】

ナイフやフォークはラギヨール アン オブラック。
スプーンはEBM。

【サービス】

サービススタッフは女性1人だが、それほど混雑していないので、回っている。

【コメント】

ランチは2種類しかないものの、エッグベネディクトとバヴェと不思議な取り合わせ。
バヴェットのおいしさを楽しめるお得なランチ。

【写真】