ユニッソン デ クール
(Unisson des Coeurs)

ユニッソン デ クール


「全国、世界中の人に大阪の風土を感じられるような一皿を提供したい」というコンセプトのもとオープンしたレストラン。

【公式サイト】


【住所】

大阪府大阪市北区西天満1-7-4
大阪府大阪市北区西天満1-7-4

【電話番号】

0661310005

【定休日】


【オープン日】

2010/04/01

【シェフ】

オーナーシェフは阪本充治氏。22歳で渡仏。ボルドーで、フランシス・ガルシア氏に師事(3年)。オートサボア「ジャン・ジャック・ノギエ」(1年)、パリ「ミッシェル・ロスタン」(1年)、「ムーリス」(2年)を経て帰国。

【営業時間】

12:00~14:00
18:00~21:00

【座席数】

35席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■ランチコース 6000

前菜、前菜、前菜、魚料理、肉料理、デザート、デザート

【値段】

9200

【サービス料】

5%(ディナーのみ)


【店内】

スクエアとラウンドのテーブルで、間隔は広い。紺と白が印象的で、落ち着いた雰囲気。

【ドリンク】

■グラスシャンパーニュ

□ドゥーツ 2400

■ミネラルウォーター

□サンペレグリノ 800

【料理】

■フィンガーフード

ズッキーニのピンチョス、ズッキーニのパン、ズッキーニのタルト、ズッキーニを載せたアサリ。
ズッキーニのパンはオリーブオイルが香る。ズッキーニのタルトは底にサブレ。アサリの上にはディルも。

■アミューズ・ブーシュ

□ズッキーニの冷製スープ
ズッキーニなのであまり味はない。クリームはやや軽く、さっぱりさを重視。クルトンが軽く散らされている。

■パン

フォカッチャ、ライ麦パン。海藻入りのバター。

■前菜

□甘海老と夏野菜のココット
甘海老とトマトのソースを目の前でかけてくれる。ソースは甲殻類の味をぐっと押し縮めたパンチのある味わい。
とろっとした甘海老には、加賀野菜の千石豆、アーティチョーク、スプラウト、ディルを合わせて。

■前菜

□勝浦カツオと夏カブラ コンソメのジュリフィエ
ブーラシオの花、カブラの身と葉っぱ。
カツオは厚みがある。まだ脂は少ないが、コンソメのジュレと合わせると、旨味が増して十分な食味。

■前菜

□泉州ナスと仔牛のロニョン
ナスのソテー、仔牛の腎臓のポワレに加えて、フォアグラのポワレも。
ソースは軽いジュードヴォー。ダイスカットしたナスも散らして。

■魚料理

□明石イサキ アスペルジュのオンブーレ
イサキはゆっくりとした旨味。酸味を効かせてパンチを強めたブール・ブランソースと合う。
旬を過ぎてもまだ甘いアスパラガス、豆苗を散らして。

■肉料理

□ランド・マグレ鴨 すず南瓜のロティ
鴨は長めのポーションで皮と脂もたっぷり。肉は鴨特有の強い風味が増している。
ソース・ボルドレーズとの相性も抜群。
シンプルに焼いたすず南瓜、オカヒジキは不思議な取り合わせだが、皿にはバランス感がある。

■デザート

□チェリーのイルフロトン
チェリーは半分にカットして種を除いて。
アングレーズソース、メレンゲに、タピオカを加えたところが面白い。
ドライチェリーも散らしてあり、チェリー感が広がる。

■デザート

□リュバーブのタルト
ルバーブは軽い酸味を付けて。サクサクでかためのタルトレット生地には、やわらかなレモンクリーム。
バニラアイスを添えている。

■コーヒー、紅茶

ハーブティーはオリジナル。テーブルまで、ボックスに入れられたハーブを持って来て見せてくれる。
アップルミント、レモンバーベナなど、様々なハーブを使って。

■ミニャルディーズ

プティシュー、マカロン、パートドフリュイ、カヌレ。
ハーブティーにカップと一体化プレートで供されている。

【テーブルウェア】

プレートやカトラリ、カップはビレロイ&ボッホ。
グラスはツヴィーゼルやメーカーオリジナル。

【サービス】

やや距離を置いたサービス。ミネラルウォーターの注ぎ足しは早いし、サービスもソツがない。
ただ、大阪であれば、もう少し砕けてもいいのかも。
温かい皿は全てクロッシュ付き。

【コメント】

皿数が多く、ポーションも大きい。クラシック寄りの基本を大切にしたフレンチなので、ボリューム満載。
ゆったりとできる明るい雰囲気なので、友人同士との方が合うのかも知れない。

【写真】