ア ニュ ルトゥル ヴェ ヴー
(a nu)

アニュルトゥルヴェヴー


2014年ミシュラン1つ星。
「a nu」は仏語で「ありのまま」。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区広尾5-19-4 SR広尾ビル 1F
東京都渋谷区広尾5-19-4

【電話番号】

0354228851

【定休日】


【オープン日】

2009/10/27

【シェフ】

オーナーシェフは下野昌平氏。
2008年に「ル ジュー ドゥ ラシェット」でミシュラン1つ星を獲得。

【営業時間】

11:30~13:30
18:00~21:00

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

ムニュー ドゥ スペシャリテ

【値段】

6000


【料理】

■アミューズ ブッシュ

3種盛り。自分でプレートの穴に差してデザインするのが面白い。双方向性があるのはよい。
ビーツは酸味が強かった。ビーツの甘味はあまり出していない。
カボチャのブランマンジェは、クリーミーだが甘過ぎず。
焼きナスのカナッペは一口で。スナック感覚。

■パン

バゲット。無塩と有塩のバター。

■枝豆のムース キャビア添え

液体窒素でエスプーマに。枝豆を加えて、キャビアをぱらりと。
口当たりがよくて、青臭さがない。

■ズッキーニと毛ガニのバトン

バトン形が美しい。
ズッキーニで毛ガニを美しく巻いている。バジルソースが軽く散らされている。
ズッキーニは邪魔をせず、毛ガニの滋味が感じられる。

■フォアグラのソテーとウナギのポルト酒煮

水ナスには、ウナギに合わせて山椒を効かせている。しかし、ほんの少量。
ウナギの脂とフォアグラの脂が相乗効果。それにしても、ウナギは主張が強い。

■カスベのムニエル ケッパーのアクセント

カスペはエイのヒレ。軟骨付きの赤エイが使われていた。衣はしっかりめで、柔らかく煮込まれている。ケッパー、トマト、パセリを散らしている。赤エイは大人しいが、ソースがキリリとするのでちょうどよい。

■鹿肉のロースト

「イベリコ豚のロティ エピスの香り」から変更。料金は同じと良心的。
蝦夷鹿肉は軽く火を入れている。ふくよかな味わい。ビーツのソースは穏やかで甘味は少ない。粗挽き胡椒はアクセント。マイタケ、鹿ハツを周りに配しており、洋梨のピューレを添える。

■フレッシュ白桃とほうじ茶のジュレ

底にはマスカルポーネ。ほうじ茶のほのかな渋味が、白桃とマスカルポーネにはよい刺激。

■食後のお飲物

カフェ=季節のカフェ、アルペジオ、ヴィヴァルト、ダルサオ、リニツィオ ルンゴ、デカフェ ルンゴ
お茶=ダージリン、アールグレイ、ウバ、翠玉、茉莉花茶、宇治玉露
ハーブティー=カモミール、ミント、ヴェルベーヌ、ローズ

ドリンクは非常に充実。ミニャルディーズをつまみながら、玉露を飲むのも粋かも知れない。

■ミニャルディーズ

生チョコレート、和栗のプリン。
生クリームは適温で口溶けがよい。和栗のプリンは柔らかくてなめらか。

【テーブルウェア】

バターナイフはエルキューイ。カトラリは新潟燕市の「ENN」ブランド。
ハンドタオル入れはスペインのCIM。
肉料理のナイフはフォルジ ドゥ ライヨール。
プレートは有田焼のカマチ陶舗など。
カップとソーサーはレイノー。
ティーポットはキントー。

【サービス】

サービスのテンポはよい。プリフィックスのコースもあり、多少メニューにばらつきはあるが、遅延したりはしなかった。
説明は簡潔だが、ちょっぴり聞き取りにくい。

【コメント】

コストパフォーマンスが高い。素材を生かしており、余計な味付けやデザインを嫌った印象。
魚と肉も素材の味を引き出している。特に、主役脇役に限らず、野菜が出色。
コンテンポラリーにもクラシックにも偏り過ぎず、絶妙なバランス感覚。

【写真】