セビアン
(C'EST BIEN)

セビアン


セビアンは仏語で「いいね」「よい」という意味。心地「よい」という名のレストラン。気さくに、気軽に、美味しい料理とともに、家族や仲間と楽しい時間を過ごせる。

【公式サイト】


【住所】

東京都豊島区南長崎5-16-8 平和ビル 1F
東京都豊島区南長崎5-16-8

【電話番号】

0339503792

【定休日】


【オープン日】

1980年代

【シェフ】

オーナーシェフは清水崇充氏。2代目。「いかにお客さまに楽しんでいただけるか」を大切にしている。

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~23:00

【座席数】

31席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014夏

【コース】

■Menu de Cest Bien 5500円

パンorライス、前菜、スープ、お魚料理、お肉料理、デザート食後のお飲み物

【値段】

7500

【サービス料】

なし


【店内】

テーブル間隔は狭くて、ビストロの雰囲気。

【ドリンク】

■レ ヴィニュロン ド オート ブルゴーニュ 900

80ml程度。以前よりも少ない印象。

■エラスリス メルロー&カベルネソービニヨン 650

■オレンジジュース 450


【料理】

■パン

バゲット、カンパーニュ、ライ麦パン。
ライ麦パンはもちもちしていて、クルミ入り。
ホイップバターを添えて。

■前菜

オマールエキスのブランマンジェ 緑豆のピュレ 新玉葱の泡
フォアグラと黒イチジクのマルブル 竹炭のチュイル 苺とバルサミコ
□オマールエキスのブランマンジェ 緑豆のピュレ 新玉葱の泡
フォアグラは品切れ。
オマールエキスのブランマンジェはひんやりとしており、旨味ぎっしり。一口が強い。オマール海老の身は味濃く、緑豆はかたさを残してよい食感。
新玉葱のエスプーマはあまり印象に残らないが、それだけ自然な味わいだということ。

■スープ

□本日のポタージュスープ
トマトのポタージュ。酸味が弱くて甘い。
フレッシュ感はまずまずでクリーミー。

■魚料理

□鮮魚のポワレ 桜海老と春菊のリゾット アメリケーヌソース
鰆は皮だけでなく、身もかりっと焼き上げられている。身の深みは味わえるが、繊細さはない。
ストレートなアメリケーヌソースが思いのほか、よく合う。
桜海老と赤紫蘇和の装いもよい。
リゾットは春菊があまりアクセントになっていない。

■肉料理

北海道産 夏エゾ鹿のロースト
北海道産 仔牛のロースト
□北海道産 夏エゾ鹿のロースト
夏エゾ鹿は脂があまりないが、鹿肉の香りが強いので、鹿好きにはたまらない。

■デザート

イチジクのタルト、チョコレートケーキ、マスカルポーネのチーズケーキ、リンゴのパイ。
□リンゴのパイ
パイは何層にもなっていて高さがある。
その上にはリンゴのソテーがたっぷりと。
ミルクアイスを添えて。

■食後のお飲み物

紅茶はブレンドティー。

【テーブルウェア】

カトラリはノリタケ、グラスはシュピゲラウ。
プレートはニッコーかと思えばベルナルドもある。

【サービス】

サービスは簡易的で、説明はあまりない。
混雑していたが、料理の流れはスムーズ。

【コメント】

イタリアンもあるがコースはフレンチ仕様。
オマール海老、蝦夷鹿など、フランス料理らしい食材。
最後のデザートまでボリューミーなのもフレンチらしい。
商店街にポツンとあるには、少し不思議なレストラン。

【写真】