アクアヴィット
(Aquavit)

アクアヴィット


ミシュラン一つ星を獲得し、NYで20年間の人気を博す北欧レストランの東京店。日本初のインターナショナルなモダン・スカンジナビアン・ダイニングとしてオープン。北欧の伝統料理にフレンチのテクニックを融合させた神秘的で独創性豊かなメニューの数々は、これまで日本になかった未体験のおいしさ。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F
東京都港区北青山2-5-8

【電話番号】

0354133300

【定休日】

なし

【オープン日】

2008/10/07

【シェフ】

シェフは横山真治氏。「六本木ヒルズクラブ」、「ブリーズ・オブ・トウキョウ」シェフ、2012年7月から同店シェフ。

【営業時間】

11:30~15:00
18:00~23:30

【座席数】

122席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014夏

【コース】

■CHEF'S NORDIC TASTING 3800

ひとくち前菜5種盛合わせ
季節のポタージュ
+600円でフォアグラのポアレを追加いただけます
スカンジナビアンブ イヤベース 魚介の盛合わせ アンチョビ風味のナージュ仕立て
メインより一品お選び下さい or 国産牛ロースのリドバーグ風 マスタードクリームと卵黄を添えて +1000
プチデザートの盛合せ

【値段】

5832

【サービス料】

10%


【店内】

建物は緩いアーチを描く。エントランスを入って左はバーラウンジ、右がダイニング。
天井がとても高く、窓も高い。ソファのボックス席もある。

【料理】

■パン

ライ麦パン、白パン、フェンネルシードの堅パン。
ホイップバター。

■ひとくち前菜5種盛合わせ

ホタテのテリーヌ、ノルウェーサーモン、ニシンのマリネ3種(ラズベリー、キュウリとワサビ、マスタード)、安納いも、チーズ。
ホタテのテリーヌは豆腐のように口当たりがなめらかで、赤紫蘇が載る。ノルウェーサーモンはピンチョス風。ニシンは食べ比べできて面白い。
安納いもは蒸されており、甘味が引き立つ。チーズはキューブ型で箸休め。

■季節のポタージュ

コーンポタージュ。生クリームは少なくてとても軽い。

■フォアグラのポアレ

リンゴンベリーのソース。フォアグラはあまり口溶けない。
ポーションは小さめで、手頃な追加料金に見合う内容。

■スカンジナビアンブ イヤベース 魚介の盛合わせ アンチョビ風味のナージュ仕立て

白身魚はタラ。ポッシェだけではなく、グリエしている身もあり、違いを楽しめる。
海老、ホタテ、ムール貝、カリフラワー、セロリ、ミニトマト。
ブイヤベースはクリーム仕立てで、ほんのり濃厚。
セロリやグリルの香りは強い主張。

■メインディッシュ

ウィークリースペシャルランチ
ウィークリーパスタ
オリジナルシェフズサラダ
ポルチーニ茸と押し麦のリゾット
キューブステーキサーモン ディルクリームとラヴィゴットソース
スモークチキンのグリル グレープフルーツのバジルソース
仔鴨のロースト ブラックチェリーのソース
ビーフリドバーグ ポテトとオニオン、マスタードクリームと卵黄を添えて
北欧定番のスウェディッシュ ミートボール ポテトとリンゴンベリー、クリームソース
ハンドカットサーモンバーガー グリエールチーズとカレースパイスを効かせたタルタルソース
スカンジナビアン ブイヤベース 魚介の盛合わせ アンチョビ風味のナージュ仕立て
国産牛ロースのリドバーグ風 マスタードクリームと卵黄を添えて +1000

□国産牛ロースのリドバーグ風 マスタードクリームと卵黄を添えて
マスタードクリームと卵黄を混ぜていただく。牛ロースはダイスカットされていて食べ易いサイズだが、脂はたっぷり。
卵黄でさらに重厚になる。マスタードはホイップ風で軽い。

■プチデザートの盛合せ

パイナップルゼリー、ラズベリージュース、チョコレートとリンゴのケーキ、マンゴーのアイスとムース、バナナのロールケーキ。

■コーヒー、紅茶

紅茶はセイロン。

【テーブルウェア】

サービスプレートは木皿。
カトラリはデンマークのエリック・バッガーやSAKS。
カップとソーサーはアメリカのFortessa

【サービス】

スタッフによって、ばらつきが大きい。メニューや各皿の説明もあまりしっくりとこない。
本日使われている魚くらいは、すんなりと出てきて欲しい。
コースの流れはとてもスムーズ。

【コメント】

ニューヨークで一世を風靡したスカンジナビア料理だけあって、表現力が豊か。
店内の雰囲気もよいが、フレンチの堅苦しさはない。
軽くてポップで、風通しのよいフレンチといったところ。

【写真】