ファインダイニング ラ プロヴァンス
(La Provence)

ファインダイニングラプロヴァンス


「ヘルシー」「ビューティ」「フレッシュ」をもとに「あざやかさ」「自然の恵み」「おいしい」を感じられるレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 1F
東京都港区海岸1-16-2

【電話番号】

0354042222

【シェフ】

料理長は井上岳彦氏。
「ピエール・ガニェール」「ロアジス」などで修業。
2009年9月い料理長就任。

【営業時間】

11:00~14:30
17:30~21:00

【座席数】

60席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2013秋

【コース】

■クリスマスディナーコース「ジャルダン・ド・プロヴァンス」

アミューズブーシュ
冷前菜
温前菜
魚料理
グラニテ
肉料理
アヴァデセール
デセール
食後のお飲物

【値段】

18000

【サービス料】

10%


【店内】

テーブル間隔は広く、エレガント。

【ドリンク】

シャンパーニュはドラピエ

【料理】

■アミューズブッシュ

□カナッペ
イクラとクリームチーズがよく合う。
パンはカリっと焼かれており、最初にリズムが付く。


■冷前菜

□クリスマス パレット・アート・オードブル 聖夜を彩る小前菜の饗宴
人気のパレット・アート・オードブルのクリスマスバージョン。
通常よりも食材は減ったが、ポーションを大きくして、ダイナミックに。
パテ ド カンパーニュは味わい深い。
カツオ、ミョウガ、、キャビアの取り合わせが絶妙。
金時芋とカブも甘味がある。


■温前菜

□フランス ランド産 厳選鴨のフォアグラポアレ
フォアグラは心地よい柔らかさ。
底のリゾットは芯がしっかりとしていて、フォアグラとよいコントラスト。
色が深まって来たトリュフもたっぷり。


■魚料理

□築地直送 甘鯛のポアレ
甘鯛は皮がパリっとして、身は簡単にほぐれる程。
思ったよりも淡泊だが、そのためか春菊のソースによく合う。
金針菜が散らされているところがポイント。


■グラニテ

□パスティスのグラニテ
香草系リキュールなのでとてもさっぱり。
口直しに最適。


■肉料理

□フランス シャラン産 特選鴨胸肉の備長炭グリエ
火入れは絶妙。見た目よりも日は入っている。
胸肉の割には脂が多くて、食べ応えがある。
ニンジンピューレの甘味が合う。


■アヴァンデセール

□イチゴのスープ
イチゴはフレッシュで甘酸っぱい。
赤にはカクテルグラスが相応しい。


■デザート

□成ケ澤エグゼクティブシェフパティシェスペシャル ノエルデセール
真ん中にはバニラアイスに載せられた綿菓子。雪だるまのようで愛らしい。
イチゴのサンタもポップで、フレンチトーストは出色。
プレートの演出も心憎い。


■コーヒー、紅茶

プレミアムコーヒー、カプチーノ、エスプレッソ
ダージンリン、アールグレイ、ジャスミン、マンゴーマグナス、ブラックチェリー、バニラ&クリーム、ベルジャン ネクター、レディグレイ
ミント、カモミール

□レディ グレイ
アールグレイにラベンダーの花を取り入れて、香りが豊か。

【テーブルウェア】

サービスプレートはアビラント。
プレートはナルミやニッコー、カトラリはクリストフル。

【サービス】

さりげなく自然体。流れはゆったりと。
説明はコンパクト。

【コメント】

エレガントでスマート。
料理の味はクラシックでしっかりじっくり味わえる。
プレゼンテーションは以前よりも余裕や遊びがある。ポップで分かり易いので、幅広く受け入れられる。
デートにはもちろん、家族や接待にもおすすめ。

【写真】