フランス料理 アジュール
(Azur)

フランスリョウリアジュール


フランス料理の原点に立ち戻った調理法でお届けする"クラシックメニュー"と、ベーシックな食材の斬新なアレンジが楽しめるスペシャリテ。

【公式サイト】


【住所】

神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 2F
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

【電話番号】

0452232369

【定休日】

なし

【オープン日】

1991/08/20

【シェフ】

シェフは石井浩治氏。
得意な料理はソースを生かした肉料理で、特に鴨が得意。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

62席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014春

【コース】

■6月からの夏メニュー

アミューズ ブーシュ、前菜、スープ、肉料理、デザート、コーヒー、小菓子

【値段】

-2

【サービス料】

値段に含む


【店内】

インテリアデザイナーはピーエル・イヴ・ローション氏。
メインダイニングは広々としていて、出窓も付いている。
個室のテーブルには燭台が置かれており、格式ある印象。
ウェイティングスペースもある。

【ドリンク】

■ゴッセ


【料理】

■アミューズ

□アナゴのヴァプールとフォアグラのモデル産バルサミコ酢
磁器で供されている。アナゴは柔らかく、フォアグラが効果的に挟まれている。

■パン

プティバゲット、クルミパン、ライ麦パン。
カルピスバターを添えて。

■前菜

北海道産ボタン海老、ズワイガニ、帆立貝の下には枝豆入りのガスパッチョ。
魚介類に豚の背脂であるラルドを合わせているのはユニーク。

■スープ

焼き茄子の冷製ポタージュ。皮ごと焼いてからポタージュにしているので、燻香のような鮮やかな香り。
シチリア産エキストラバージンオイルは、エキストラにしては味が濃い。

■肉料理

□ビュルゴー家・シャラン鴨のロティ、オリジナルスパイスと蜂蜜のキャラメリゼ
シャラン鴨を15種類のスパイスと蜂蜜で。ソースはジュ。
鴨の野生味を引き出しつつも、スパイスと蜂蜜で強い食後感を。
厚みがあってダイナミックなポーション。

■デザート

バニラアイスクリームをパルフェ風にして。

■コーヒー

紅茶はダージリン、アールグレイ。

■ミニャルディーズ

プレーンとチョコレートのサブレ2種、パートドフリュイ、ショコラ。

【テーブルウェア】

プレートはノリタケ、カトラリはクリストフル、グラスはツヴィーゼルやリーデル。
調度品のテーブルウェアはベルナルド。

【サービス】

適度な距離感があり、場の雰囲気を壊さないサービス。
コースの流れもスムーズ。

【コメント】

石井氏が得意なシャラン鴨はクラシックなよさを残しつつも、彩り豊かで新しい。ヴルーテやガスパッチョといったスープも美味しい。
店内の調度品や雰囲気も素晴らしく、クラシックでありながらオシャレななフレンチを楽しめる。

【メモ】

ディナーは女性にバラ1輪をプレゼント

【写真】