ル・マノアール・ダスティン
(Le Manoir Dhastings)

ルマノアールダスティン


毎日オーナーシェフ自ら築地へ足を運び、その季節、その日の旬の食材を確かな目利きで仕入れている。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座6-5-1 GINZA MSTビル B1
東京都中央区銀座6-5-1

【電話番号】

0355687121

【定休日】


【オープン日】

1996/07

【シェフ】

オーナーシェフは五十嵐安雄

【営業時間】

11:30~16:00
18:00~24:00

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013秋

【コース】

■シェフおまかせランチコース 8000円(7500円~10000円)

前菜とメインからなる4皿構成の本日のお料理
本日のデセール
カフェとプティフール

【値段】

8000


【料理】

■パン

バゲット。温められていなくて、ちょっとぱさぱさしている。

■前菜

□3種盛り合わせ
カナッペは一口サイズよりも少し小さい。ニジマスのマリネは少し炙ってあるので、味わいがグラデーション。豚の血のソーセージはスペシャリテ。非常に濃厚だが、臭みはない。

■前菜

□イワシクジラ ニンニクのマヨネーズ
滋味が感じられるような、後を引くおいしさ。ニンニクのマヨネーズソースが癖になる。

■前菜

□温泉卵のスープ トリュフのせ
トリュフの香りがスープにもしっかり移っている。温泉卵とトリュフをからめると、中々においしい。

■魚料理

□車海老 コーヒーと胡椒のソース
松茸のフリット、パプリカのラタトゥイユ詰めが付け合わせ。松茸の香りはまずまず。車海老は身が締まっていておいしい。コーヒーと胡椒のソースはひとアクセントある。

■肉料理

□和牛頬肉のマデラ酒煮込み
なかなかにボリュームがある。頬肉なので非常に柔らかい。ゼラチン質で余韻が続く。マデラ種のソースには旨味もたっぷりでとても濃厚。

■本日のデセール

桃のコンポート
桃のソルベが敷かれており、バニラアイスが添えられている。刻んだミントも添えられていた。
桃のコンポートは水分たっぷりで瑞々しい。全体的には甘さが勝ち過ぎ。

■プティフール

□小菓子の盛り合わせ
チュイール、タルト、ホワイトチョコレートムース。チュイールとタルトは少し湿気ている。ホワイトチョコレートムースは丁寧な味。

■カフェ

紅茶ダージリン、セイロン、ハーブティーから。ダージリンは淹れ過ぎで苦い。

【テーブルウェア】

カトラリはベーエムエフ。プレートはニッコーやリモージュ磁器。シャンパングラスは銘柄と合わせて、アンリ ジロー。

【サービス】

スタッフによって知識の差が大きい。おしぼりはでない。物腰は低くて丁寧。コースが供されるタイミングはスムーズ。

【コメント】

ところどころに贅沢な食材が使われていたり、スペシャリテがよかったりする。
ただ、値段の割にはボリュームがやや物足りないし、インパクトももう少し欲しいところ。

【写真】