銀座レカン
(Lecrin)

ギンザレカン


日本を代表すると評される正統派のフレンチ。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座4-5-5 ミキモトビル B1
東京都中央区銀座4-5-5

【電話番号】

0335619706

【定休日】


【オープン日】

1974/06

【シェフ】

シェフは高良康之氏。赤坂「ル・マエストロ・ポール・ボキューズ・トーキョー」副料理長、日比谷「南部亭」と上野「ブラッスリーレカン」で料理長。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

38席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014春

【コース】

■Cコース

アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、ワゴンデザート、プティフール、キャフェ

【値段】

7700

【サービス料】

10%


【店内】

明かりは暗くてムーディー。歴史があるし、地下なので、天井は低め。
テーブル間隔はやや広めで、静かという感じではない。
ボックス仕立てのラウンドソファ席もある。

【ドリンク】

■ペリエ 750ml 1400円


【料理】

■アミューズ・ブーシュ

菜の花ムースに鹿肉とジュレ、チップス。
菜の花ムースはえぐみがなく、豆のよう。
鹿肉はタルタル風で、味わい豊か。ジュレには旨味たっぷり。
チップスは網掛けでサクサク。

■パン

桜葉を加えた桜の香りしっかりのパン。
ボルディエバターのプレーンと海藻入り。

■前菜

エジプト豆の衣を纏った穴子のベニエ きゅうりのエキュム
ホワイトアスパラガスのムニエール 生ハムとエシャロットソース
本日のオードブル
□本日のオードブル
吊るし熟成短角牛バラ肉のコンポートとビーツのハーモニー
短角牛は香りが豊かで、立ち上ってくる。食後感の余韻が長く、旨味が続く。
甘いビーツのソースに、トムマルを包んだビーツのシート。

■魚料理

的鯛のポワレ アサリのムースリーヌソース
本日の鮮魚料理
□的鯛のポワレ アサリのムースリーヌソース
的鯛は皮なしでポワレというよりも、ブレゼのようなふっくらな仕上がり。
アサリの磯の香りを携えた卵黄のバターソース。オリーブオイルを隠し味に。
カブ、そら豆、ズッキーニを添えて。

■肉料理

和牛ロースのロースト 赤ワインとロケットのソース
北海道産仔羊のナヴァラン仕立て
□和牛ロースのロースト 赤ワインとロケットのソース
和牛ロースは筋をとってあるので、非常にしなやかで柔らかい。
脂は全体的に万遍に。火入れは軽く均一な赤。
ロケットのソースはアクセントに。
付け合わせにはスナップエンドウ、エシャロット、ジャガイモ。

■デザート

ワゴンデザートで好きなだけ。
柚子ムース、桜と抹茶ムース、洋梨ムース、ガトーバスク、ブラックベリームース、サバラン、ガトーオペラ、クレームカラメル、フレジエ、イチゴとカンパリのジュレ、フレッシュフルーツのカクテル、イチゴ、キウイ、キンカンのコンポート、フワンボワーズのグラス
ブラックベリームースはチョコレートビスキュイを底に、洋梨ムースはコーヒー風味。柚子ムースは底にクランチ。

■ミニャルディーズ

イチジクのフィナンシェ、トリュフ2種、マカロン3種(オリーブオイル、桜、マンダリン)、パートドフリュイ2種(アプリコット、メロン)、ギモーブ

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アッサム、アールグレイ。

【テーブルウェア】

サービスプレートはベルナルド、カトラリはクリストフル。
グラスはバカラ。肉料理のナイフはラギオール アン オブラック。
カップとソーサーはレイノー。

【サービス】

サービスは少し堅いくらいに丁寧。
だが、説明はしっかりとしていて、受け応えも素晴らしい。
ミネラルウォーターの継ぎ足しも迅速。
コースの流れはとても早くてスムーズ。

【コメント】

格式あるグランメゾンだが、堅苦しさはない。
フィナーレに向かってボリュームが増えていく。
場所やボリュームを考えると、値段は良心的とも思える。
一度は訪れておきたい伝統のフレンチ。

【写真】