ピッツェリア ダ・アオキ・タッポスト
(Pizzeria da Aoki tappost)

ピッツェリアダアオキタッポスト


「タッポスト」は「大丈夫」という意味。

【公式サイト】


【住所】

東京都早宮4-37-29 ラフィット豊島園 1F
東京都早宮4-37-29

【電話番号】

0359993988

【定休日】


【オープン日】

1999/06

【シェフ】

オーナーシェフは青木嘉則氏。
ナポリピッツァの重鎮イスキア島ガエターノ氏の日本人一番弟子。

【営業時間】

平 11:30~14:30、17:30~23:00
土日祝 12:00~15:00、17:00~23:00

【座席数】

23席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2014春

【値段】

10843


【店内】

店内は狭くてテーブル間隔はとても近い。賑やかで非常に活気がある。
ピッツァを打っている様子や、石窯で焼いている様子も見えて臨場感がある。

【ドリンク】

■シチリア産赤いオレンジジュース 550

果汁100%

■カンパリ オレンジ 650

ライチやカシスリキュールでもお作りできます

■グラス白ワイン

□モンカトロ・トレッビアーノ 520
イタリアの白ワインの代表品種。フローラルで柔らかい飲み口。マルケ州、トレッビアーノ種。

■グラス赤ワイン

□モンカロ・サンジョベーゼ 520
鮮やかなルビー色で、飲み口の中に柔らかな果汁味が感じられる。マルケ州、サンジョベーゼ種。

【料理】

■ナポリ産水牛モッツァレッラのカプレーゼ 850

モッツァレッラは弾力があって軽快な味わい。
トマトは完熟で甘く、バジルはフレッシュで広がりがある。

■小エビのソテー(ニンニク&レモン風味) 550

アヒージョ。ニンニクは思ったよりは抑え気味だが、パンチはある。
コルニチョーネを付けて食べてもおいしい。

■牛スネ肉のトマト煮込み 1200

大振りの牛スネ肉。トマトはそれほど強くなく、牛の香りをしっかりと感じられる。

■ピッツァ ロマーナ1800

アンチョビのせマルゲリータ。
トマトソース、モッツァレッラ、アンチョビ、パルミジャーノ、バジリコ。
マルゲリータにパンチを加えた一品。アンチョビはアクセント程度なので、苦手な人でも大丈夫そう。

■ピッツァ モンテビアンコ 2200

モッツァレッラ&リコッタチーズの白いピッツァにアクセントの黒胡椒。
生クリーム、モッツァレッラ、リコッタ、パンチェッタ、パルミジャーノ、黒胡椒。
生クリームとリコッタのお陰で非常に濃厚で深みのある味。
パンチェッタと黒胡椒で力強い。
男性的なピッツァ。

■ティラミス 550

ココアパウダーでフォークとスプーンを象って。
ティラミスは重厚な味。エスプレッソの苦味はそれほど強くないが、ずっしりと響く。
トップにはチョコレートのブロック。

■カンノーロ 550

シチリア発祥のリコッタクリームを詰めた筒状のデザート。
カンノーロの適度な堅さが心地よい。リコッタチーズの中にはピールやチョコブロック。
お決まりのドレインチェリーで筒の入口を蓋している。

【サービス】

サービススタッフはよく動いており、気さくに話しかけてくれる。
気配りもあって、オーダーしたメニューについて、細やかに確認してくれる。

【コメント】

値段は都心部のピッツェリアと同じだが、味は同等以上。
ボリュームもしっかり。ドリンクは高くないが、そう高価なものも用意されていない。
豊島園の住宅街で一級のピッツェリアがあるのは素晴らしい。

【写真】