北島亭

キタジマテイ


トラディショナルな味を追求した、アットホームなフレンチの名店。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿三栄町7 JHCビル 1F
東京都新宿三栄町7

【電話番号】

0333556667

【定休日】


第1、第3火

【オープン日】

1990/09/06

【シェフ】

オーナーシェフは北島素幸氏。18歳で料理の道へ。六本木「レジャンス」、1977年に渡仏し「トロワグロ」「ジョルジュ・ブラン」「アルケストラート」「ラ・マレ」で修業。1982年帰国、「ドゥ・ロアンヌ」シェフ、1987年「パンタグリュエル」シェフ。

【営業時間】

11:30~14:00
18:00~21:00

【座席数】

18席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014春

【コース】

■ランチコース 10500

好きなもの4品

オードブル(冷)
オードブル(温)
魚料理
肉料理
デザート
茶菓子(プティフル:約10種の盛り合わせ)
コーヒー

【値段】

10500

【サービス料】

10%


【店内】

深い色のフローリングで、シンプルで落ち着いた空間。
テーブル間隔は普通程度。

【料理】

■フィンガーフード

□フレッシュなつぶ貝
ワカメの細切りを添えて。

■アミューズ・ブーシュ

□赤座海老のビスク
軽い仕上がりで、クリームは穏やか。肉も加えられている。
ほんのりと辛味があって食欲を刺激する。

■パン

全粒粉入り丸パン。やや焦げが気になる。
バターが添えられている。

■オードブル(冷)

北海道産 生ウニのコンソメゼリー寄せ カリフラワーのクリーム添え
兵庫 赤穂産 生カキのマリネ フワンボワーズの香り サラダ添え
あかざえびのマリネ フワンボワーズの香り サラダ添え
相模湾産サヨリのマリネ 柚子の香り いろんな野菜のエチュベ添え
ずわいがにとアスパラのシャルロット風サラダ
長崎信州産きじとフォアグラ トリュフのテリーヌ
仏ペリゴール産 黒トリュフとフォアグラ根セロリのマルブレ仕立て +1000円
仏ラカン産 ホロホロ鳥のパテ・アンクルート

□仏ペリゴール産 黒トリュフとフォアグラ根セロリのマルブレ仕立て
黒トリュフは層がはっきりと分かる程度にぎっしり。
フォアグラは冷製なのでかなり脂が強いが、2層に分かれているので、幾分かバランスがよい。
根セロリはジュレになっているので落ち着きがある。

■オードブル(温)

仏ランド産フォアグラのポアレ ペリグリーソース 鹿児島産 筍のムニエル添え
仏ボルドー産 ホワイトアスパラガスとピサンリー(たんぽぽ)のサラダ添え
北海道産 真鱈の白子のムニエル トマトソース添え
温かい海老のスープ(ビスク)
温かいマッシュルームスープ

□北海道産 真鱈の白子のムニエル トマトソース添え
白子は大きなポーションで、他店の1.5倍以上。
パセリとタマネギで中心で、トマトソースは控えめ。
白子の味わいを邪魔していない。

■魚料理

北海道産 帆立貝のポアレ 椎茸添えにんにくバターソース
豊後水道産 マナガツオのクミン付焼き 根セロリのピューレ添え ブールブランソース

□豊後水道産 マナガツオのクミン付焼き 根セロリのピューレ添え ブールブランソース
マナガツオとクミンの組み合わせが面白い。スパイシーで異国情緒感がたっぷり。
百合根、銀杏、菜の花と和食材が添えられているだけに、クミンと根セロリが際立つ。
マナガツオはきっちりとしたポアレ。

■肉料理

オーストラリア産 仔羊の岩塩包焼き(2人様)
仔羊の網脂包み焼き トリュフ香るソース(+1000円)
仔羊のタプナード詰め パン粉付焼き
鹿児島産 特選和牛A-5 イチボ肉のローストビーフ
秋田産 秋田ポークの肩ロースのロースト にんにく添え(2人様)
伊達鶏の丸ごと1羽ロースト(ローストチキン)(2人様)
仏ランド産 鴨足のコンフィー じゃが芋添え
仏ランド産 仔鳩(ピジョン)のバリエ(ロースト サルミソース(ジビエ風)、ロースト 内蔵ソース)

□鹿児島産 特選和牛A-5 イチボ肉のローストビーフ
80グラムから160グラムを選べ、140グラスを選ぶ。
ミディアムレアの焼き加減で、厚みを残すカット。
脂は均等に差していて、最初から最後までストレートに押してくる。ソースは牛のジュで、見た目よりも味は濃い。
マッシュポテト、万願寺唐辛子、クレソンが添えられている。

■デザート

クレーム・キャラメル(プリン)
クレーム・ブリュレ
チョコレートのテリーヌ
ガトーバスク(カスタードとアーモンドクリームをはさんだ焼菓子)
栃木県産とちおとめ 苺のタルト
紅茶(アールグレイ)のブランマンジェ
ポメローサワーとチーズのタルト

□栃木県産とちおとめ 苺のタルト
アーモンドクリームのタルトは焼き立てなので、ホロホロとしている。
果肉がたっぷり使われたイチゴソースがかけられている。フワンボワーズとブルーベリーも。
添えられたバニラアイスクリームも重厚でがっつりと甘い。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン。

■ミニャルディーズ

プレートに一杯で、全てが見えないくらい。
イチゴ、ホオズキの飴がけ、スタークッキー、ココナッツクッキー、チョコレートクッキー、ラズベリージャムクッキー、クラッカン、クグロフ、エンガディナー、キンカン。

【テーブルウェア】

プレートはニッコー。グラスはリーデル。
カトラリはトーダイ。傷みが激しいのが残念。
肉料理のフォークとナイフはラギヨール。

【サービス】

サービススタッフは適度な距離感。やや引き気味だが、話す時にはフレンドリー。
サーブに忙しいためか、料理の説明はあまり詳しくない。
途中でブレーカーが落ちて停電するハプニングあり。
北島シェフは気さくで最後にテーブルを回ってご挨拶。帰りも挨拶してくれる。

【コメント】

クラシックで王道のフレンチ。見せ方も味付けも真っすぐで、たっぷり食べた感じがする。
少量で多皿、抽象的で淡泊、こういったフレンチにがっかりしたことがある人には特にオススメ。

【写真】