ピッツァバー ON 38TH
(Pizza Bar ON 38TH)

ピッツァバーオンサーティーエイト


ホテル最上階、8席限定のピッツァバー。目の前で焼かれたピッツァを食べられる。
イタリア産オーガニック小麦を使用し、総重量に対し80%の割合でたっぷりと水を含ませた 生地を48時間かけて熟成させることで、口当たり軽やかなピッツァに仕上げている。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京 38F
東京都中央区日本橋室町2-1-1

【電話番号】

0332708800

【定休日】

なし

【オープン日】

2014/01/30

【シェフ】

ピザ職人ピッツァイオーロは、ローマで生まれ育ったシェフ ダニエレ・カーソン氏。ピッツア生地は、厳選されたイタリア産オーガニック小麦をブレンドし、たっぷりと水を含ませ48時間かけ熟成させてライトに仕上げた。
「料理とは、愛である」と語る。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~23:00

【座席数】

8席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014春

【サービス料】

13%


【店内】

オールデイダイニング「ケシキ」に限定8席のピッツァカウンター。

【ドリンク】

ガス有ミネラルウォーターはサンペレグリノ。

【料理】

■釜焼きピッツァ

□BUFALA トマトと水牛のモッツァレラ 2200
フレッシュなモッツァレラはピッツァを焼き上げた後に盛ってくれる。トマトはソースだけではなく、ダイスカットも。
生地はナポリ風のようにもちもちしていないが、ミラノ風のように薄くてパリパリでもない。

□PIZZA MARINARA ニンニク風味 マジョラム エキストラバージンオリーブオイルとトマトソース 2200
ニンニクがとても効いているが、エキストラバージンオイルなのですっきり品よく仕上げている。

■デザート

□ティラミス 1300
アシェットデセール風に仕上げている。マスカルポーネはそれほど甘くない。

□パンナコッタ ヘーゼルナッツチョコレートソース または ストロベリーソース 1300
ストロベリーソースで。生クリームが凝縮されていて口当たりが濃厚。

■コーヒー、紅茶

エスプレッソにはビスコッティが添えられている。

【テーブルウェア】

カトラリはドイツのアイヘンラウプ。刃物の街として知られているゾーリンゲンにある銀器メーカーだ。デザートのカトラリはサンボネである。
ピッツァはプレートではなく、ウッドボードに載せられる。

【サービス】

カウンターテーブルなので目の前で、生地を作って、石窯で焼いて、仕上げるまでの一部始終を見られる。
ケシキの一角にあるので、開放感があって気持ちいい。
カジュアルなコンセプトだが、サービスは他のレストランと同じく丁寧。

【コメント】

高級ホテルでは珍しい本格的なピッツェリア。
ダイナミックな演出を楽しめるし、こだわりの生地と出来立ての最高の状態で食べられる。
新しい形のホテルのピッツァ。

【写真】