ラール・エ・ラ・マニエール
(http://www.lart.co.jp/)

ラールエラマニエール


「ラール」は英語で「アート」、「マニエール」は「マニュアル」。「ラール・エ・ラ・マニエール」は「正しい導き方」という意味。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座3-4-17 オプティカ B1
東京都中央区銀座3-4-17

【電話番号】

0335627955

【定休日】

日、月ランチ

【オープン日】

2009/09/01

【シェフ】

シェフは杉浦功一氏。
銀座「オストラル」で修業。渡仏し、「グラン・ヴェフール」「オテル・ド・カランテック」「メゾン・ピック」で研修後、帰国。日本橋「サン・パウ」を経て、2012年9月1日に「ラール・エ・ラ・マニエール」エグゼクティブシェフ就任。

【営業時間】

11:30~13:00
18:00~20:30

【座席数】

26席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014冬

【コース】

■OZmall プレミアムディナー

アミューズ
前菜1
前菜2
魚料理
肉料理
デザート

【値段】

8800

【サービス料】

10%


【店内】

ウェイティングスペースにソファ。
間接照明で程よい暗さ。テーブル間隔はやや広め。

【ドリンク】

グラスシャンパーニュはアンリオ、クリュグ。
デザートワインにはラタフィア。
ガス有ミネラルウォーターは中硬水のヒルドン。

【料理】

■アミューズ

□生ハムのムース、ケーク・サレ、チェリートマトのデギゼ、サーモンのマリネ
細長いプレートに4品。

■パン

十勝産の小麦を使ったパン。
トウモロコシのパン、バゲット、ライ麦パンなどが入れ替わりで。
バターは4種で、キャンディのように包まれている。有塩、無塩、胡桃、海藻。

■前菜

□佐賀県産のホワイトアスパラ
根菜、帆立貝、グレープフルーツを配して。
手前には柚子のマーマレード。

■前菜

□白子の前菜
白子を使った前菜。たっぷりの白子をフリットに。

■魚料理

□ヒラスズキのポワレ
珍しいヒラスズキを。和歌山県のヒラスズキは、ヒラスズキらしく、落ち着いた優等生な食味。レモンのソースでさっぱりと。

■肉料理

□松坂ポークのロティ サツマイモのピューレ ほうれん草菜のブレゼ
松坂ポークは軽い火入れで最初から最後まで品を保っている。
サツマイモのピューレは食味がよく、豚に付けてもおいしい。
リンゴのソテーにはカスタードクリームがかけられていて甘いが、これも豚に合う。

■フロマージュ

ウォッシュチーズに青カビチーズを。

■デザート

□本日のデザートを盛り合わせにして
イチゴのタルトに、珍しいマンゴープリン、オランジェショコラ、アイスクリーム、アーモンドクッキー、タルト。

■カフェ

紅茶はダージリン。

■お土産

パウンドケーキ。

【テーブルウェア】

オリジナルのロゴ入りプレートはニッコー。通常プレートやカップ&ソーサーは、カマチ。
カトラリはメプラ、クリストフル、エルキューイ。メインディッシュのナイフは、カトラリー組立製造販売専門の「Alain Saint Joanis」。

【サービス】

サービスはやや堅いが丁寧。
流れは普通で適度に間がある。
説明はやや軽め。

【コメント】

よい意味でコンテンポラリーかと思ったらクラシック。
アーティスティックかと思ったらストレート。
器の妙味があったり、方向性が振り切れていたりすればもっとよい。
銀座のこのクラスではお得感がある。

【写真】