イタリアングリル メロディア
(MELODIA)
【マエストロ】

イタリアングリル メロディア


音楽の要素である“メロディ”をイメージ。「リュトモス」の空間とデザインをゆるやかに引き継ぎながら、空中に浮かぶ照明が音符を思わせる。6層分の吹き抜けのある開放的なアトリウムは、爽やかな陽射しが差し込み、夜はキャンドルライトがきらめく心地よい空間。長さ26メートルのガラスブリッジが美しく光を反射する。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F
東京都港区港南2-16-1

【電話番号】

0357831258

【定休日】

なし

【オープン日】

2019/12/11

【シェフ】

総料理長 オリヴィエ・ロドリゲス 氏。

【営業時間】

6:30~11:30
11:30~15:00
18:00~22:00(L.O. 21:00)

【座席数】

114席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019秋

【コース】

■マエストロ Maestro 13000


【サービス料】

10%


【ドリンク】

■デュヴァル ルロワ ブリュット レゼルヴ

コート・デ・ブラン地区のシャンパーニュ。ピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ30%、シャルドネ10%。

■コルテ・ジャーラ・プロセッコ・ミッレジマート・ドライ

イタリアのプロセッコ。グラーレ100%。

■アロイス ラゲデール ハバーリ ピノ ビアンコ 2017

イタリア/トレンティーノ アルト アディジェの白ワイン。ピノ・ビアンコ100%。

■メッツァ コロナ カステル フィルミャン ピノ・グリージョ・リゼルヴァ

イタリア/トレンティーノ アルト アディジェの白ワイン。ピノ・グリージョ100%。

■オミナ・ロマーナ エルメス ディアクトロス

イタリア/ラツィオ州の赤ワイン。

【料理】

■パン

自家製のフォカッチャとチャバッタ。

■古株牧場のプラータチーズ250g ナスのグリル&ブラックオリーブクーリ 2500

目の前でプラータチーズを切り分けてくれる。プラータチーズは慎ましやかに香りが広がる。ナスのグリルはジューシーで果肉感があり、オリーブクーリは濃い味わい。

■函館直送ヒラメのカルパッチョ トリュフ&パルメザンチーズ 2600

ヒラメのカルパッチョを下に敷いて。赤ワインビネガー、マッシュルームのスライス、黒トリュフ、パルメザンチーズ。野菜は千葉県印西市にある有機栽培の柴海農園。

■ライムリゾット&手長海老のグリル 2800


■クレステリガーテ にんにくソテーのブロッコリーとソーセージ 2300


■サフラン風味の自家製タリオリーニ ずわい蟹のトマトソース 2500

パスタはどれも自家製。生地にサフランを練り込んでいる。
付け合せはずわい蟹、ソースはずわい蟹の潮の香りとトマトの酸味が心地よい。

■まとう鯛 からすみソース 3000


■メカジキ レモン&アロマティックハーブソース 3500

メカジキはグリルながらも穏やかな火入れ。レモンとオリーブオイル、オレガノ、唐辛子のソース。

■うさぎのモモ肉 パセリ&ケッパー&アンチョビコンディメント


■北海道黒毛和牛のフィレ 赤ワインソース 12000

黒毛和牛は7週間のドライエージングで旨味を増している。細長いのはポレンタで、ややもっちりとしてやわらかな食感。赤ワインソース、ケッパーとアンチョビのペーストを合わせて。

■オレンジリキュールのババ カルダモンフレーバーのみかんシャーベット 2000


■ティラミス トンカ豆のアイスクリーム 2000

ドンパチがしのばされていて、エスプレッソをかけるとパチパチと爆ぜ、まるで音楽が奏でられているよう。チョコレートプレートとコーヒー、トンカ豆はよく合う。下にはビスコッティ。

■コーヒー または 紅茶


【テーブルウェア】

カトラリはベーエムエフ、プレートはニッコー、ヴィレロイ&ボッホ、陶器。グラスはリーデル。

【コメント】

メロディをテーマとしたイタリアングリル。料理を上品であったり、グリルの力強さをまとったりしている。パンもパスタも自家製というこだわり。

【写真】