ヌーヴェル・エポック
(Nouvelle Epoque)
【Beau Jardin】

ヌーヴェルエポック


伝統の調理法を守り、斬新な発想によって数々の逸品を創り上げる、アール・ヌーボーの優雅な雰囲気のフレンチレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区虎ノ門2-10-4 The Okura Tokyo オークラ ヘリテージウイング 4F
東京都港区虎ノ門2-10-4

【電話番号】

0335056073

【定休日】

なし

【オープン日】

1973年、2019年9月12日オープン

【シェフ】

料理長は高橋哲治郎氏、アシスタントシェフは清水淳平氏。ソムリエは竹内洋樹氏。

【営業時間】

7:00~10:00
11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

56席

【利用時間】

朝食

【訪問日】

2019秋

【コース】

■~オークラ庭園の四季の移ろいを眺めながら~ - Beau Jardin - 6500


【サービス料】

10%


【ドリンク】

■ポメリー ブリュット・ロワイヤル

シャルドネ34%、ピノ・ノワール33%、ピノ・ムニエ33%。

【料理】

■ジュース -Juice

爽やかな野菜ジュース
季節のフルーツジュース
キャロットアップルオレンジジュース
フレッシュオレンジジジュース
フレッシュグレープフルーツジュース

□キャロットアップルオレンジジュース
有機栽培を使用したジュースで、 ニンジンの風味が豊かに香る。

■サラダ - Salad -

□身体に優しい野菜を使った彩りのサラダと花のドレッシング
1年以上かけて生み出した麹、味噌、ニンジンのオリジナルドレッシング。シェフズガーデンでも販売。能登にある農園取り寄せた10以上の有機野菜。季節によって最適なものを。

■スペシャリテ - Speciality -

新潟の豊かな自然に育まれた妻有ポークのロースハムと 山梨の大自然の中で育てられた放牧飼育鶏のオーガニック卵を使用したエッグベネディクト トリュフ香るオランデーズソース
または
オークラ伝統のフレンチトーストに旬のフルーツを添えて 北海道産フェッセルと旬の花々からの生はちみつ

□新潟の豊かな自然に育まれた妻有ポークのロースハムと 山梨の大自然の中で育てられた放牧飼育鶏のオーガニック卵を使用したエッグベネディクト トリュフ香るオランデーズソース
妻有ポークのローストハムは滋味の感じられる旨味があり、オーガニック卵の馥郁とした味わいと合う。オランデーズソースが全体をひとつに包み込み、トリュフが爽やかに香る。

■コーヒー または 紅茶


■仔羊のロースト 季節を感じる大地の野菜 遅摘みのオリーブオイル“アンタンス”をアクセントに

アイスランドのアイスランディック・ラムは、希少種の純血種。きめ細やかなテクスチャで、栄養価の高い野草を食べているせいか、青草のような品のよい軽やかな香りと食味をまとう。目の前で仔羊のフォンがかけられ、スペインのオーガニックオリーブオイル「アンタンス」をアクセントに加え、華やかな風味に。
プレートはグランブルーの多治見の美濃焼。ナイフは藤次郎のオリジナル品。

■パン

ブルゴーニュの小麦で作ったパン。プティバゲット、ブリオッシュ、ミルクのパン。バターは4種で、ボルディエのバター、フェンネル入りバター、海藻入りバター。

■とろけるショコラに赤ワインの香り イチジクのジュレとともに

2色のチョコレートムースを赤ワインのメレンゲで包み込んでいる。周りには、赤ワインとイチジクとベリーのジュレ、ブラックベリーやイチジクを配して。クランチは口中で弾けてアクセントになり、レモンのソルベが口中をさっぱりとさせる。

【テーブルウェア】

カトラリはクリストフルやピュイフォルカ、ナイフは新潟県燕市の藤次郎でヌーヴェル・エポックのロゴ入り。プレートはジャンルイコケやベルナルド、サフラン。グラスはロブマイヤーで作られたThe Okura Tokyo刻印のオリジナルグラス。

【コメント】

非常に贅沢な朝食。こだわりの卵、ロースハム、野菜のドレッシングやジュースなどこだわりの固まり。トリュフを加えて、朝から豪華な気分を味わえる。他ではできない朝の体験。

【写真】