ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【「コートールド美術館展 魅惑の印象派」開催記念メニュー】

ラブラスリー


アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【定休日】

なし

【オープン日】

1983年

【シェフ】

2014年10月、八坂繁之氏がシェフに就任。ニューヨーク、およびパリでの大使公邸勤務や現地レストランでの研修を経験し、2006年、優秀大使公邸料理人として外務大臣表彰を受ける。
1988年帝国ホテル入社、1994~1999年にニューヨーク、2002~2005年にかけパリの日本政府代表部大使公邸へ出向。パリでは現地レストランでも研鑽を積む。2006年優秀公邸料理長として外務大臣表彰を受ける。 14年よりラ ブラスリーのシェフを務める。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

115席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019秋

【コース】

■「コートールド美術館展 魅惑の印象派」開催記念メニュー


ロンドンにあるコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト派の選りすぐりの作品が展示される「コートールド美術館展 魅惑の印象派」開催に合わせ、それぞれの展示作品をイメージしたフルコースをご用意いたします。

9月5日(木)~11月6日(水)
13,000円

消費税込、サービス料別。

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■ランソン ブラック ラベル ブリュット 2200

ピノ ノワール50%、シャルドネ35%、 ピノ ムニエ15%。

■ジャカール ブリュット・モザイク ロゼ

ピノ・ノワール51%、シャルドネ31%、ピノ・ムニエ18%。

■コート デュ ローヌ ブラン レ ローレル 2015 1320

フランス/コート・デュ・ローヌ地方の白ワイン。ヴィオニエ60%、グルナッシュ・ブラン20%、マルサンヌ20%。

■シャトー ヌフ デュ パプ 2016 2200

フランス/コート・デュ・ローヌ地方の赤ワイン。グルナッシュ、シラー、サンソー。

【料理】

■テムズ川の畔にて

□スコティッシュサーモンのカナッペ
スコットランド産のスモークサーモンを、ライブレッドを使用したカナッペにてご提供いたします。
脂がのったスコットランド産のスモークサーモンをライブレッドのカナッペに載せ、シャンパーニュとの相性も抜群です。

■ゴーギャンの黄色とタヒチでの生活

□蟹のタルト ココナッツクリームとマンゴーのヴィネガー風味
ゴーガンの作品をイメージし、タヒチで古くから豊潤の象徴といわれるマンゴーをアクセントにした蟹のタルトです。黄色のアクセントが際立つ一皿をお楽しみください。
黄色の彩りが美しく、マンゴーの優美な香りが印象に残る。オカヒジキのシャキシャキ感が心地よく、ココナッツの泡の甘味も合っている。

■日本に強く憧れたゴッホ

□帆立貝のリソレと優しいクリームスープ ページュ・ドゥ・ヴィーニュのアクセント
ゴッホが強く憧れた日本。日本の素晴らしい食材の一つである帆立貝と、フランスの桃の一種であるペーシュ・ドゥ・ヴィーニュをマリアージュさせた一皿です。
帆立貝の潮の香りを桃のふくよかな風味が包み込んでいる。赤水菜の食感もよい。

■セザンヌからモネへ

□真鱈のブイヤベース風(セザンヌ)
印象派を代表する画家モネは、たいそう料理が好きだったようで自筆の料理レシピが現存しており、その中に鱈のブイヤベース (セザンヌ) と書かれたレシピがあります。モネが残したレシピを参考に、南仏の温かい家庭料理風の一皿に仕上げております。
濃厚な旨味のあるブイヤベースの中にあっても、真鱈の繊細な味わいがしっかりと感じられる。黄色はインカのめざめをコンソメで煮込んだスープ。

■ルノワール 女性の美への追求

□ほろほろ鳥の赤ワインブレゼとフォワグラの取り合わせ ジロル茸を添えて
ヨーロッパで「食鳥の女王」と評されるほろほろ鳥を赤ワインの中で優しく火を入れた一品です。隣に添えたふくよかな味のフォワグラや旬の茸と共にお楽しみください。
ほろほろ鳥のジューシーな旨味を、赤ワインがさらに引き出している。ジロール茸も旨い。
右奥は胸肉、左奥は腿肉のロール。手前にはフォアグラソテー、セロリラブの根をダイス状に散らして。

■マネの描くバーテンダーより

□ブラマンジェの柑橘風味とシャンパーニュのグラニテ クープ仕立て
今回の展覧会の見どころのひとつであるマネの大作「フォリー=ベルジュールのバー」。今も昔もパリのバーで愛されているシャンパーニュを使い、作品の中でカウンターにも並んでいるオレンジと共にクープ仕立てに仕上げたデザートです。
シャンパーニュと作品中にも並んでいるオレンジをクープ仕立てにし、豊かな香りと上品な口溶けを楽しめる。口中をリフレッシュさせる最後に相応しい作品。ハイビスカスのジュレも爽やか。

■コーヒー


【テーブルウェア】

カトラリやプレートはノリタケ、ジョンドクローム、肉料理のナイフはライヨール。グラスはレーマン。

【コメント】

コートールド展とコラボレーションしたコース。八坂氏のインスピレーションによる、数々の驚きのある料理を楽しめる。和の食材を用いており、重たすぎないが、クラシックな部分も多くしっかりと味わえる。

【写真】