鉄板焼 恵比寿
(秋甘鯛鉄板会席)

テッパンヤキエビス


最高級のオリジナルブランド牛「恵比寿牛」は、鉄板焼「恵比寿」でしか味わうことのできないこだわりの逸品。熟練のシェフが、ゲストの目の前で厳選した食材を鮮やかな手際で焼き上げる光景は、まさにドラマチック・ダイニング。空気が澄み切った日には、遠くに富士山をも望む雄大な眺めが窓の外に広がる。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 22F
東京都目黒区三田1-4-1

【電話番号】

0354237790

【定休日】

なし

【シェフ】

2019年10月から料理長は吉田明人氏。

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~21:30

【座席数】

50席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019秋

【コース】

■秋甘鯛鉄板会席

2019年9月1日(日)~10月31日(木)

目の前の鉄板の上で華麗な手さばきにより調理される旬の甘鯛と秋の食材と、特撰「恵比寿牛」のステーキもご堪能いただく至福のコースです。

ディナーコース:26,250円

【サービス料】

13%


【店内】

3つの個室がある。

【ドリンク】

■ローラン・ペリエ ラ キュベ 2300

フレッシュで繊細でバランスのよい味わいを理想とするローラン・ペリエ社の名刺ともいえるシャンパン。淡いゴールドの色合いと細かく糸を引くような泡立ち、柑橘類や白い花の香りが魅力です。

■シャブリ ウイリアム フェーヴル 1500

フランス/ブルゴーニュ地方/シャブリ地区の白ワイン。シャルドネ100%。

■クラウディ・ベイ ピノ・ノワール 2100

ニュージーランドの赤ワイン。ピノ・ノワール100%。

■シャトー サンミッシェル インディアン ウェールズ カベルネ・ソーヴィニョン 1600

アメリカ/ワシントン州/コロンビアヴァレーの赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン 89%、シラー11%。

【料理】

■先付

□甘鯛の昆布〆炙り
九州の甘鯛を龍皮昆布で〆て、キュウリを。龍皮昆布とは、昆布を蒸し、甘酢に漬けて乾燥させたもの。

■お椀

□甘鯛の土瓶蒸し
大黒シメジ。昆布と鰹の出汁でいただく。

■焼物

□甘鯛の一夜干し
一夜干しして水分が適度に抜けて味わいが濃厚になった甘鯛を焼き物にして。

■揚物

□甘鯛の南蛮漬け
甘鯛の唐揚げ。ネギの甘辛いソースがくせになる。

■肉料理

下記のメニューより 1 品お選びください。
・赤恵比寿牛ロースステーキ 120g
・黒恵比寿牛ロースステーキ 120g

□黒恵比寿牛ロースステーキ 120g
静岡県の本わさびを、鮫皮のおろしで下ろして。
黒恵比寿牛は融点が26度と低いので口溶け感がある。B.M.S.は8。
和牛スジの醤油、オニオンソース、イギリスの海塩であるマルドンを添えて。

■焼き野菜

千葉県のサツマイモ、熊本県の赤茄子。

■食事

□甘鯛炒めご飯
焼いた甘鯛、塩昆布、生海苔、隠し味にショウガ。

■味噌汁、香の物

ブレンドした味噌汁。赤出汁ではない。ぬか漬けを添えて。

■季節のフルーツ


■コーヒー または 紅茶


【テーブルウェア】

グラスはツヴィーゼル。カトラリはEBMやノリタケ、カップとソーサーは珍しくベルナルド。

【コメント】

和の流れの鉄板焼。鉄板会席コースは、鉄板焼ながらも本格的な会席を楽しめるのが魅力。甘鯛の5つのデクリネゾンが素晴らしい。黒恵比寿牛も安定のクオリティ。

【写真】