ザ・ステーキハウス
(THE STEAKHOUSE)
【John Stone ランチ特別コース&ワインペアリングの会】

ザステーキハウス


オープンキッチンから、厳選された肉や新鮮な魚介類、野菜をチャコール(炭火)で焼き上げるステーキハウス。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 37F
東京都港区赤坂1-12-33

【電話番号】

0335051185

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/12/9

【シェフ】

料理長は佐々木主紀氏。

【営業時間】

11:30~14:30、17:00~21:30

【座席数】

115席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019秋

【コース】

ジョン・ストーン(JOHN STONE)のアイリッシュビーフを炭火焼きで提供。アイルランドで50年以上の伝統を誇るドライエイジングビーフのブランド。トマホーク、骨付きストリップロイン、プライムリブ、テンダーロインなどを提供。「アルチザンブッチャー」と呼ばれる熟練した肉職人がグラスフェッドビーフであるアイリッシュビーフを提供。「World Steak Challenge」で2017年から3年連続でリブアイステーキが「ゴールドメダルステータス」を受賞。

【サービス料】

12%


【店内】

オーク材を使った店内は落ち着きがあるが、ライブ感満載のキッチンで肉が焼ける様子が分かる。中央は高くなっており、天窓との高さもあって開放的。チャージなしでライブも行われる。
全長3メートルの備長炭炭火焼きグリルがある。

【ドリンク】

■ペアリング

□コエドビール 毬花
□船中八策 超辛口 純米
□ラポストール キュヴェ アレクサンドル メルロー または KAKEYA 純米生原酒

【料理】

■フィンガーフード

2種類が提供される。コエドビールとシャンパーニュのカクテルとよく合う。

■ローストビーフサラダ

アンズタケ、ローストした南瓜とズッキーニ、パルメザンチーズ
ジロールとやわらかなローストビーフがよく合う。パルメザンチーズのアクセントも。

■たたき

熟成牛テンダーロインのたたき、玉葱のポン酢ジュレとガーリックチップス
熟成したテンダーロインは心地よい肉香がする。ガーリックチップスが強めのアクセント。

■ブッチャーアランの秘宝

ジョン・ストーン ミートセレクション
コルカノン 、ヨークシャープディング、ペッパーコーンソース
サーロイン、テンダーロイン、リブアイを楽しめるのがいい。6種の塩と6種のマスタード。

■ギネスチョコレートケーキ

ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム

■特製 ブラック ヴェルヴェット

大きなチョコレートケーキにクレームシャンティとベリーのコンフィチュール。

【テーブルウェア】

カトラリはクチポールやラギヨール。プレートはイギリスの大手業務用食器メーカーであるスティーライト。

【コメント】

ジョン・ストーンのアイリッシュビーフを常時オンメニューで提供開始。黒毛和牛だけではなく、色々なステーキを楽しめるのが嬉しい。

【写真】