アジュール フォーティーファイブ
(Azure 45)
【シックスハンズ ディナー】

アジュールフォーティーファイブ


「アジュール」はフランス語で「青」という意味。
45階の窓から広がる美しいスカイラインと東京湾を望む景色を表している。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂9-7-1 ザ リッツカールトン東京 45F
東京都港区赤坂9-7-1

【電話番号】

0334238000

【定休日】

なし

【オープン日】

2007/03/31

【シェフ】

シェフは宮崎慎太郎氏。「オーグードゥジュール・ヌーヴェルエール」で料理長を務め、7年連続でミシュラン1つ星を獲得。2014年5月22日から同店料理長。

【営業時間】

11:30~14:00
17:30~21:00

【座席数】

40席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019秋

【コース】

■シックスハンズディナー 48000

エルラント・ゴロスティサ、クリストフ・ジベール、宮崎慎太郎のシェフ3名が夢の共演をし、最高級の厳選素材を用いて8コースの逸品をご提供します。チーフソムリエ田丸の極上ペアリングと共にご堪能下さい。
2019年9月13日-9月14日
シェフ エルランツ・ゴロスティザ ミシュラン2つ星
シェフ 宮崎 慎太郎 ミシュラン1つ星
シェフ クリストフ・ジベール ミシュラン1つ星

【サービス料】

13%


【店内】

高台の赤坂にそびえ立つ、東京ミッドタウン45階。
汐留方面を優に一望。東京タワーも美しい。

【ドリンク】

■ジャック・ラセーニュ エキストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン



■ツィント・フンブレヒト ミュスカ グランクリュ



■ココ・ファーム 甲州F.O.S



■テスタロンガ エル・バンディート ブラン



■ドメーヌ・シガラス サントリーニ アシルティコ



■イアゴ・ビタリシュヴィリチヌリ



■ドメーヌ・ル・ピカティエ マリー・ジャンヌ



■加湿熟成解脱酒


【料理】

■季節のアミューズブッシュ

□カブのコンソメ ゆず プロバンスオリーブオイル/シェフ 宮崎
□ぼたん海老のタルタル バジルブランマンジェ 塩レモンとキャビア/シェフ ジベール
□パエリアのクラッカー/シェフ ゴロスティザ
1プレートにまとめられている。ぼたん海老のタルタル、コンソメ、クラッカーの順に食べるといい。

■コールド アペタイザー

□フォアグラカナールのテリーヌ 赤ワインジュレ パンデピス シェリーヴィネガー/シェフ ジベール
フォアグラのテリーヌはロール状になっており、中には鴨肉。周りはパンデピスで少しスパイシーに。大黒本しめじやシェリービネガーを添えて。

■セカンド アペタイザー

□有機卵 シャンピニオン ベルパークノールアルト/シェフ 宮崎
シャンピニオンのスフレの中には卵黄が。スイス産のセミハードチーズであるベルパークノールアルトを目の前でスライス。

■サード アペタイザー

□フェンネルのリゾット/シェフ ゴロスティザ
フェンネルを薄切りにしてシャキシャキとしたテクスチャを楽しめる。

■魚料理

□キハタの海藻蒸し フェンネルと貝のコンポート トリュフクーリ/シェフ ジベール
キハタをふっくらと蒸して、上にはフェンネルと貝のデュクセル。濃厚なトリュフのクーリと合わせて。

■シーフード料理

□鮑 マダガスカル産 黒胡椒/シェフ 宮崎
アワビの殻を使ってアワビとパイ包み風にしている。目の前でソースをかけて。ピンクペッパー、シナモン、スターアニスの香り。

■メインディッシュ

□鳩のロースト パスタ キノコ トリュフ風味/シェフ ゴロスティザ
鳩の風味を十分に感じられる優しい火入れ。筒状のパスタの中にはキノコのデュクセル。ナスタチウムをアクセントに載せて。

■デザート

□コーヒーバリエーション ラズベリーガナッシュ アイリッシュクリームスフィア/シェフ 宮崎
□チョコレートシリンダー プラリネのクレームグラッセ レモンコンフィ フルール・ド・セルのクランブル/シェフ クリストフ
□パンプキンバニラクリーム 黒オリーブサンド リコリスアイスクリーム/シェフ ゴロスティザ

■ミニャルディーズ

□ミニレモンタルト/シェフ 宮崎
□メレンゲ ブラックフルーツのコンポ-ト レモンバーベナ 葡萄/シェフ ジベール
□ベルモットシリンダー メロン/シェフ ゴロスティザ

【テーブルウェア】

プレートはレイノー、森山硝子店、
カトラリはクチポールやクリストフル、レグル、ジャンルイ・コケ、ナイフはラギヨール・アン・オブラック。カップとソーサーはローゼンタール。

【コメント】

ザ・リッツ・カールトンが力を入れて展開する食の饗宴シリーズ。ミシュランシェフ3人の料理とワインペアリングを存分に楽しめる贅沢な機会

【写真】