サザンタワーダイニング
(ウェルシュディナー賞味会)

サザンタワーダイニング


「サザンタワーダイニング」は、“プレザント&パノラミックビュー”をコンセプトに、2018年3月19日(月)にグランドオープン。
お客様の利用シーンごとに使い分けができる「バル」と「レストラン」の2つのゾーンで構成される、景色・キッチン・料理、サービス、全てが“見える”活き活き感と様々な愉しさが詰まったレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー 21F パーティールーム「遥」
東京都渋谷区代々木2-2-1

【電話番号】

0353540111

【定休日】

なし

【オープン日】

2018/03/19

【シェフ】

レストラン担当シェフは石川篤志氏、ペストリーシェフは鎌内由希子氏。ペストリーチームは全員パティシエール。

【営業時間】

ランチ 11:30~16:00(L.O. 15:00)
ディナー 17:00~22:00(L.O. 21:00)

【座席数】

バル67席、レストラン55席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019夏

【コース】

■ウェルシュディナー (全6品) 12000

2019年9月17日~11月14日

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■ティナント スティルウォーター

ウェールズの中硬水。

■グィンサン・コンウィ・ヴィンヤード ソラリス 2018

ウェールズの白ワイン。

■グィンサン・コンウィ・ヴィンヤード ロンド 2017

ウェールズの赤ワイン。

■ペンダーリン ケルト 1400

ウェルシュウィスキー

【料理】

■ノルウェーサーモンと野菜のクレープ レフォール風味

レフォールのクリームは辛味がほとんどなく、食べやすい。

■帆立貝のタルタル仕立て 香草の香り オーガニックバタークリームをのせたバケット添え

宮城県のホタテ。

■英国沿岸より届いたブルーオマールと野菜のフリカッセ 包み焼き

ウェールズ産のオマールブルー。カルタファタで蒸し焼きに。

■ウェールズ産子羊のコートレットのグリル ウェルシュレディミントソース

仔羊の骨付き肉で、5センチはあろうかという厚み。ソースのミントの香りが強いアクセント。。熊本野菜を添え、オリーブのパウダーを散らして。

■チャールズ皇太子も愛する カウズ・ケナース チーズの盛り合わせ

アプリコットやイチジクを添えて。

■ヨーグルトのムース ブランデー入り ミンスミートジャムとともに

ミンスミートジャムがブドウやブランデーとよく合う。

【サービス】

プレートは森山硝子店など、グラスはツヴィーゼル。

【コメント】

珍しいウェールズのフェア。ウェールズの食材がたくさん取り揃えられており、フランス料理に仕上げられている。ジャムやチーズ、ワインやウィースキーも。

【写真】